fbpx

中国はなぜビットコインを潰しにかかったのか? 不都合な規制の裏側(前編)=高島康司

ブロックチェーンと産業革命、そしてデジタル通貨創造へ

しかし、中国政府の動きを見ると興味深いことに気づく。ビットコインに対する警戒心と裏腹に、ブロックチェーンのテクノロジーの発展は強力に後押ししているのだ。政府が新しいブロックチェーン研究所を支援している事実が、ビットコイン取引の取り締まりの数日後に発表された。

さらに中国人民銀行は、独自のデジタル通貨研究所を開設して、すでにデザインの候補を公表している。デジタル通貨では、中国は世界をリードしつつある。

これはなにを意味するのだろうか? 実はこれは、いま始まっている第4次産業革命の世界覇権を巡る熾烈な戦いと関係している。(中・後編に続く)

続きはご購読ください。初月無料です

ビットコイン規制の理由

ブロックチェーンとデジタル通貨には積極的

法定デジタル通貨

農村部で拡大著しいオンラインショッピング経済

クレジットカードを使わない独自なシステム

次の段階、仮想通貨の導入

ブロックチェーンを担う企業

image by:360b / Shutterstock.com

※有料メルマガ『未来を見る!ヤスの備忘録連動メルマガ』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。2月9日に配信された中編や、月内の後編も配信され次第すぐ読めます

【関連】ビットコイン「ガチホ時代の終焉」と計画的急落。株式市場の連鎖崩壊は起こるか?

【関連】FRBの最強通貨「Fedコイン」とビットコイン、NSA(米国家安全保障局)を結ぶ点と線

【関連】日本を襲う新たな貧困「ブロックチェーン格差」の自己責任を乗り越えろ=鈴木傾城

1 2 3

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2018年2月4日)
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ

[月額880円(税込) 毎週金曜日]
いま私たちは先の見えない世界に生きています。これからどうなるのか、世界の未来を、政治経済のみならず予言やスピリチュアル系など利用可能なあらゆる枠組みを使い見通しを立ててゆきます。ブログ『ヤスの備忘録』で紹介しきれない重要な情報や分析をこのメルマガで配信します。『ヤスの備忘録』とともにお読みください。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー