fbpx

小さなバブル崩壊を「調整」と呼ぶ金融世界の恐ろしさ=田中徹郎

われわれ凡人による賢明な株式投資

人間の心理は面白いものです、相場が上がれば買いたくなり、逆に下がれば売りたくなる…。上がったところで買い、下がってところで売れば、いつまでたっても儲かりません。

本来は逆で、下がったところで買い、上がったところで売るべきなのでしょう。でも言うは易し、行うは難し。上記のような投資は簡単なものではありません

果たして下げたときに買えるでしょうか?

例えばリーマン・ショックの直後、日経平均が7000円台まで下げたとき、マスコミやネットは「日経平均は5000円まで下がる」の大合唱でした。

当時の相場を支配していたのは真っ黒い恐怖心で、あのような雰囲気のなか、株を仕込むなど至難の業ではなかったでしょうか。

逆も同様です、古い話で恐縮ですが、今からもう28年も前の株バブルのさなか、自分だけ相場から降りるのはいわば名人芸で、多くの方は逆に買いましていきました。

確かに、

  • 下げ相場では恐怖心と戦って買い、上げ相場では自身の欲と戦って売る

これが正解だと誰もがわかるのですが…。

やはり言うは易し、行うは難しです。

であればせめて、目先の相場の予想などやめてしまい、「株は長期で持てば必ず成長するという」、現代株式投資論の原則に身を任せてしまうのが、われわれ凡人による賢明な投資というものではないでしょうか。僕はこのように考えるようにしています。

【関連】なぜ買い豚も売り豚も自滅するのか?「次の暴落」が怖くなくなる投資術=鈴木傾城

【関連】FRBの最強通貨「Fedコイン」とビットコイン、NSA(米国家安全保障局)を結ぶ点と線

【関連】コインチェックに黒い噂。半年前に本誌が指摘していた「運用の闇」=山岡俊介

1 2

一緒に歩もう!小富豪への道』(2018年2月2日, 8日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

一緒に歩もう!小富豪への道

[無料 毎週火曜日+号外あり]
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー