fbpx

ついに米中貿易戦争へ。中国の「米債爆売」で米国市場はリーマン級暴落も=今市太郎

中国の「米債売り浴びせテロ」で暴落する米国市場

米国の株式市場はどうも1月26日にNYダウでつけた高値がピークであった可能性が高まっており、ここからは再度二番底をつけにいくリスクが急激に懸念されています。

多くのヘッジファンド勢は一旦市場から資金を引き揚げて様子見を決め込んでいることから米国の株式市場は薄商いが続行中ですが、米国の執拗な関税と人民元安に対する攻撃が繰り返されれば、世界最大の米国債保有国である中国が伝家の宝刀ともいえる米債叩き売りに出る可能性もあります。

これがきっかけで米国10年債が3%を超え始めれば、そのレベル次第でNYダウはトランプの大統領選勝利直後の2万ドル割れレベルまで一気に逆戻りする可能性もでてきています。

NYダウ 日足(SBI証券提供)

NYダウ 日足(SBI証券提供)

最近の米国の株式市場はサーキットブレーカーが発動されることから1回で暴落が起きるかどうかはわかりませんが、既にリーマンショックから10年の歳月も経過しており、相場の暴落要件はかなり整ってきていると言えます。

ですので、こうした中国からのカウンター攻撃が米国株式市場の大暴落の引き金を引く可能性は十分にあるといえます。

ドル円は一番の巻き添えで軽く100円割れか?

この場合、ドル円がどこまで下落するかはちょっと考えると恐ろしくなる状況です。このまま放置しても100円程度となると、久々にそれを割り込む水準まで突き落とされるリスクはかなり高まりそうです。

それでも本格的なインフレが来なければ、FRB、日銀ともに新たな緩和措置で迎え撃つ余地は残されます。しかし本格的なインフレが進行してしまった場合、手出しのできない壊滅的状況を示現してしまう危険性も高まります。

なにより米債売りで中国がカウンター攻撃をおこなった場合、自国が保有する1兆2000億ドル規模の米債の価値が大幅下落することになりますから、中国自身も大変な損失を被ることになりかねません。

とはいえ、戦争となれば痛み分けの可能性は十分に考えられ、結局トランプ起因の貿易戦争は痛み分け、リーマン以降最大規模の中央銀行バブル崩壊を現実のものにしてしまうというとてつもなく恐ろしいシナリオがちらつくことになるというわけです。

まぁこうした悲惨なシナリオを無闇に煽る必要はありませんが、米中の貿易戦争は我々の想像をはるかに超える危険性をもって進んでいるという認識を持つことだけは必要になりそうです。

とくにこの戦争をしかけているのはトランプという、これまでにない人物が行っている点を忘れてはなりません。

続きはご購読ください。初月無料です

image by:plavevski | Drop of Light / Shutterstock.com

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2018年3月23日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

<初月無料購読ですぐ読める! 3月配信済みバックナンバー>

※いま初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

・米中貿易戦争勃発~中国が米債爆売で米国株価はリーマン級暴落も(3/23)
・4月辞任説も飛び出すABEXIT~それでも日銀の政策は簡単には変わらない(3/22)
・三角持ち合いを下抜いたNYダウ~果たして下落かだましか?(3/21)
・さすがに能天気な国民も切れた?いよいよABEXITに備えよう(3/20)
・今年は彼岸底ならぬ3月末底抜け相場?(3/19)
・トレンドレス相場~果たして様子見か超短時間足トレードか?(3/16)
・辞任・解任お構いなし?トランプの人とは違う政権運営方法(3/15)
・相場はまだ森友問題を織り込めていない(3/14)
・とうとう始まったトランプの対日貿易赤字叩き~ドル安は一段と進む?(3/13)
・金融庁の監督は腑抜け~国内の取引所はスルーして海外業者で取引せよ(3/12)
・トランプ関税に対する中国の報復が米債売りなら米株春の暴落祭り実現も(3/9)
・気がつきゃ誰もいなくなる?トランプ政権の高官辞任インフレ加速(3/8)
・トランプ関税から見える独りよがり~相場暴落の引き金を引くのはトランプ自身か?(3/7)
・米朝協議は本当に実現・功を奏するのか?(3/6)
・森友公文書偽造で安倍政権退陣ならドル円どこまで下がる?(3/6)
・逆張りの神様ポールチューダーまで加入したベアマーケットフレンズ(3/5)
・話題にならないことしきりのイタリア総選挙に想定外の事態はないのか?(3/2)
・ドル円107円巨大オプションがもたらす特別な動き(3/1)

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※3月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

・FRB新議長は議会証言で市場のパウエルプット期待を温存(2/28)
・はじめてビットコインの確定申告してみた~がこんなもの決済通貨としてはまったく機能しない!(2/27)
・ビットコインを滅亡に追いやるのは本邦のインチキ取引所だ~Zaifの体たらくに見る仮想通貨取引所の絶望的危険度(2/26)
・すっかり融和ムードの平昌五輪のあとトランプはまさかの戦争仕掛ける?(2/23)
・米10年債金利3%超は危ないのかまだ平気なのか?(2/22)
・バブル相場で死なないためには一旦全部意識しておりるしかない(2/21)
・パウエル新議長就任後3月FOMC利上げ断行で相場暴落スイッチオンか?(2/20)
・一転悪性インフレをもたらす下手人となったトランプ~相場暴落はこれからが本番(2/19)
・続投決定黒田日銀の最大の敵は本当のインフレ到来(2/16)
・トランプ政治は財政不安を加速させているだけか?(2/15)
・底値の見えない株価~ドル円は107円下抜ければ105円以下に沈没か(2/14)
・株式相場の暴落を下落率からみてたいしたことないというのは大間違い(2/13)
・トヨタ今期最高益で始まる米国の円安叩き~ここからは円高必至(2/12)
・単なる一時的調整ではなさそうな足元の相場状況(2/9)
・プロも個人も適温相場ボケ?~VIX空売りで死亡者多数の惨状(2/8)
・相場の暴落には意外に決定的要素がないケースが存在する(2/7)
・盗まれなくてもどんどん市場から消えていくビットコインって一体どういうこと?(2/6)
・立春過ぎても春より先に到来しそうな相場大幅下落の恐怖(2/5)
・損失の事前想定がしっかりできるのがFXの大きな魅力(2/2)
・結局暴落の洗礼を逃げ切って退任するイエレン(2/1)

【関連】フィリピン妻は結婚できない中年男を幸せにするか? 奇跡の婚活、夢の果てに=鈴木傾城

【関連】ビットコイン「ガチホ時代の終焉」と計画的急落。株式市場の連鎖崩壊は起こるか?

【関連】【大前研一「2018年の世界」】世界中が「低欲望社会化」する中、日本は美しい衰退に向かう

1 2

今市太郎の戦略的FX投資』(2018年3月23日号)より抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

今市太郎の戦略的FX投資

[月額880円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日]
個人投資家がもっと得難いファンダメンタルズを徹底的に集めテクニカルで売買チャンスを探るFX投資家のためのメールマガジンです。土日を覗く平日毎日の配信となりますので、確実に日々の売買に役立てることが可能です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー