fbpx

本当はボロボロの米国経済。景気悪化の「兆候」を示す3つのデータ

この状況でも強気の投資家が多いようです。彼らは何を見て景況判断しているのか。米経済の危うさがわかる各種データをもとに、自分の基準を持つことの大切さを解説します。(『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』)

※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2018年2月19日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

強気の投資家は何を見ている?米国経済の後退がわかる確かな数値

景況感に疎い投資家たち

株の投資をしている人たちの話を聞いていて、ときどき思うことは、「何をもって景気の良し悪しを判断しているのだろうか?」ということです。

私が「こんなに景気はひどい状態なのに!」と思っていても、何も感じていない様子です。

その点、株価などをまったく気にしていない主婦たちの方が景況感に敏感であり、まだ正確なようです。

ところが、2月5日以降は、それが様変わりです。

株式投資をしている知人の多くが、「これからどうなるのだろう?」と話しかけて来ます。逆に尋ねます。「あなた自身は、どうなると思っているの?」と。

ところが、「どうなるのだろうか?」と聞いて来たにもかかわらず、ほとんどの人が「基幹産業の株だから問題ない」とか「もう少し様子を見てから」とか「心配していない」というような、わけのわからない返事をします。

私は心の中で「それなら聞かねば良いのに」と思います。

ここで気が付いたことは、多分「自分自身でこの事態を深く考えていない」か「問題を軽視している」または「考えることを放棄している」のいずれかです。

大事なことは、自分自身の未来に関することですからもっと調べるべきであり、自分の人生を自分らしく生きたいのであれば、自分の論理を構築することだと思います。

他人の意見に盲従することは、自分の人生を自分で決めていないことになります。

米国の経済指標は本当に強いのか?

米国のファンダメンタルズ(各種の経済指標)は非常に良い。株価下落を心配する必要はまったくない!」と主張する人も居ます。さて、本当にそうでしょうか?

長ったらしい言葉よりも、グラフの方が単純明快です。米国の鉄道輸送量の最新データ(2017年12月)が発表されましたので、その中から3種類のグラフを選んで紹介します。期間は全て2015年1月から2017年12月までの3年間。単位は1000台(無蓋貨車、有蓋貨物車)です。

<(ア)農家、牧畜業、果樹園等の生産物・食料品の鉄道輸送量>

180220kansha_1

これが減少傾向にあるのは何を意味しているのでしょうか?

<(イ)木材製品、木材関連製品の鉄道輸送量>

180220kansha_2

11,000台のレベルから10,000台へと1割減です。米国内の新築住宅が減っているのか? それとも米木材の海外需要が減っているのか? どちらにしても最悪です。

<(ウ)自動車、自動車部品の鉄道輸送量>

180220kansha_3

18,000台レベルから16,000台レベルへの減少です。大変な状況ではないでしょうか?

これで米国経済は堅調と言うのであれば、どなたか説明して頂きたいものです。ここまで株価を上昇させてきた米国人各位の強欲さに驚きます。

Next: 侮れない主婦目線「三角チョコで景気がわかる」

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい