fbpx

本当はボロボロの米国経済。景気悪化の「兆候」を示す3つのデータ

金融当局が注目する景気指標

<(ア)銀行間同士の貸し借り高>

180220kansha_7

景気が良いかどうかの判断ですが、金融当局が注目している指標の中には、銀行間同士の貸し借り高があります。

相互に信用しあっていれば、貸し借りを頻繁に行い、融通しあうのです。これが疑心暗鬼になると、貸倒れになるのが怖くて怖くて仕方がない!となります。既に自行の帳簿には不良資産が腐敗を続けており、もうこれ以上は背負いきれないのです。

2008年9月時点では地区連銀のデータでは、銀行間貸し出し残高が491.602T$だったのですが、直近の2018年1月3日にはストーンと墜落して13.237T$と97%強減ってしまっています。

つまり自行以外は誰も信用できない、銀行が銀行を信じられない状態になっているのです。

<(イ)米国のM2マネー(簡単に言えば、現金+各種預金)の流れの速度>

180220kansha_8

金融経済(心臓)が弱体化しているため、マネー(血液)の流れが非常に悪くなっているのです。ピークで2.2%だったのが、どんどん落ちて、今は、第二次大戦後で最低の状態です。

<(ウ)銀行の破たんリスク指数(CDS)>

180220kansha_9

さて、最近の世界の株価大幅下落を踏まえて、銀行の破たんリスク指数(CDS)を見ましょう。私の集計データです。

Banco Santanderが1.5倍に上昇、ドイツ銀行も1.47倍です。

これですぐに危ないと判断するのは早計です。見ていただきたいのは、2月の第2週の株価暴落が、銀行のバランスシートにどう影響しているのかです。

今後、銀行間の貸し出しは、さらに減る可能性があります。そうなると、残る道具は「さらなるマイナス金利」でしょうか?

世界中が低金利で血液サラサラ、量的緩和のマネーのだぶつきで血液余剰状態なのに、このテイタラク。これってなぁに?と考えれば、恐ろしくないのが不思議です。

続きはご購読ください。初月無料です

image by:alredosaz / Shutterstock.com

【関連】日本を襲う新たな貧困「ブロックチェーン格差」の自己責任を乗り越えろ=鈴木傾城


※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2018年2月19日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<初月無料購読ですぐ読める! 2月配信済みバックナンバー>

・何を信じているのだろうか/人民元建て原油先物取引の取引開始日(2/19)
・米国造幣局、金貨及び銀貨の1月生産実績/中国の需要と供給(2/16)
・Wal Mart社が本社部門をリストラ/冬季五輪の背後で訓練を続けている部隊(2/15)
・何をもって好況と主張するの?/大手家庭用品メーカーの製造拠点集約と首切り(2/14)
・野村證券のデリバティブ商品、ほぼ価値ゼロに/麻薬中毒者は雇えない(2/13)
・【号外】米国株式市場の大暴落(2/12)
・大手生保の計算ミスは大規模/ロンドン不動産の惨敗(2/9)
・フォード社の格付け?/米国新車販売2018年1月(2/8)
・Perth造幣局、ブロックチェーン技術を応用して./孫会社の保険会社の大損失で本体がバラバラに(2/7)
・トイザラスの年末商戦結果は悪く、未来も暗い/外食チェーンも気にする中間層の消失(2/6)
・生活必需品の食品も需要が後退/米国を代表するツーリング用大型バイクが売れないのは何故?(2/5)
・中国基準が世界基準に? そしてブロックチェーン技術の応用/Perth造幣局(2/2)
・米ドルの弱体化と金価格(2/1)

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※2月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

・完全雇用? それとも求職者が溢れているのか/懐が寒くなると借金がかさむ(1/31)
・利益が出ている今のうちに閉鎖と解雇/テスラ、駄目かも?(1/30)
・トイザラス店舗閉鎖:事前予想より多かった/従業員が消えるかも知れない(1/29)
・原油価格の予想/ビットコイン投資家曰く 幻想通貨よりも金貨の方が安全だから(1/26)
・英国政府の御用達建設会社の破たん、大きな頭痛の種に/米国大手小売チェーン、倒産へ(1/25)
・カナダでも借金は天国で返す様になる/ドイツ中銀、外貨準備に人民元建て資産を購入(1/24)
・米国の生活保護が最高レベルに/保釈金が高すぎるから(1/23)
・借金漬けの米国民:皆は景気が良いと言うが/昨年末のクレジット払いをどうする?(1/22)
・トルコ中央銀行の金準備/借金体質は深まるばかり(1/19)
・美容院チェーンが閉店するのは何故?/サムス・クラブも苦しい/米国破産申請(1/18)
・品揃え点数を減らして売上は上がる?/業界トップの小売大手チェーンの大恥?それとも恥知らず(1/17)
・財産を差し出せば、開放されるのは王族だけ?/米国がイランを中国に追いやっている(1/16)
・サハラ砂漠に雪が降る/顕著な末期症状(1/15)
・我国は透明性が高く、貴国は透明性が無いではないか?(1/14)
・新興国中央銀行の買い増し/不純な米国の金準備?/米国の資金流出(1/12)
・Sears、ついに金詰りか/どうも芳しくないトイザラス/2018年店舗閉鎖の大波(1/11)
・中国の地方政府が抱える不良債権問題/米国、パキスタン、中国の三角関係(1/10)
・時代は変わり、解雇が増えていく通信業界/イスラエル・豪州とBitcoin(1/9)
・米国新車販売2017年12月(1/8)
・貸衣装屋が流行!?/新興国中央銀行の買い増し(1/5)
・原油の需要は減る見通し(1/4)

【関連】ビットコイン元信者が嵌まる「次の罠」なぜ彼らは現実から目を背けるのか?=鈴木傾城

【関連】奨学金がこの国をダメにする。米国ではいっそ「帳消し」の議論も=矢口新

【関連】Amazonはなぜ日本で「税逃れ」できるのか? 巨大企業のズルい税金戦略=大村大次郎

1 2 3
いつも感謝している高年の独り言(有料版)』(2018年2月19日号)より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による
初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

いつも感謝している高年の独り言(有料版)

[月額660円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]新聞等に報道されない海外でのディープな情報をお届けします。出来る限り、時代を先取りした情報やデータをお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー