fbpx

インドに攻勢。Amazonの有料会員「1億人」突破も通過点に過ぎない=シバタナオキ

ついにAmazonプライムの加入者が世界で1億人を突破しました。今回は米国での普及状況をデータで確認し、今後の成長ポテンシャルとなる海外市場について解説します。(『決算が読めるようになるノート』シバタナオキ)

※本記事は有料メルマガ『決算が読めるようになるノート』2018年5月15日号の抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:シバタ ナオキ
SearchMan共同創業者。東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻 博士課程修了(工学博士)。元・楽天株式会社執行役員(当時最年少)、元・東京大学工学系研究科助教、元・スタンフォード大学客員研究員。

米家庭の64%が「Amazonプライム」に加入。圧倒的な成長力とは

13年かけて利用者を増やしてきた

先日、AmazonのCEOジェフ・ベゾスから株主に宛てたレターの中で明らかになったように、 「Amazon プライム」の加入者がグローバルで1億人を突破しました。

13 years post-launch, we have exceeded 100 million paid Prime members globally. In 2017

Amazon shipped more than five billion items with Prime worldwide, and more new members joined Prime than in any previous year

株主へのレターにはこのように書かれていますが、Amazon プライムがリリースされたのは13年前で、13年という長い月日をかけて、グローバルでついに1億人を突破しています(ちなみにNetflixの有料会員数は1.2億人超となっています)。

今日の記事では、Amazon プライムがアメリカでいかに普及しているか、というのをデータで比較した後に、Amazon プライムの成長ポテンシャルとなるマーケットについて、簡単に触れてみたいと思います。

大統領選挙の投票率よりも高いAmazonプライム加入率

この数字を見て非常に驚きました。

アメリカでは64%の家庭でAmazon プライムに加入している、というデータがあります。

参考までに他のデータを列挙しておくと、

・2016年の大統領選挙の投票率が55%
・5万ドル以上の資産を保有している人も55%
・教会に行ってお祈りする人が51%
・固定電話を契約している人が49%
・銃を保有している人が42%

となっています。

選挙の投票率よりも高い普及率を誇っているという点で、個人的には非常に驚きました。

Next: メキシコ、シンガポールで新展開。今後の成長ポテンシャルは?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい