fbpx

インドに攻勢。Amazonの有料会員「1億人」突破も通過点に過ぎない=シバタナオキ

Amazonプライムの今後の成長ポテンシャル

今後のAmazonプライムの成長ポテンシャルはどこにあるのでしょうか。

株主へのレターの中でこのような記載がありました。

We expanded Prime to Mexico, Singapore, the Netherlands, and Luxembourg, and introduced Business Prime Shipping in the U.S. and Germany.

2017年に新たにAmazon プライムが開始された国として、メキシコ、シンガポール、オランダ、ルクセンブルクが挙げられています。

今日はこの中でも、メキシコシンガポール、そして成長著しいインドのeコマース事情を簡単に整理してみたいと思います。

「メキシコ」のeコマース事情

メキシコにおけるAmazonの売上は、17年時点で$502M(約502億円)と、YoY+106%で成長したと言われています。
※参考:Amazon becomes Mexico’s top online retailer in 2017: report

これによってAmazonは、メキシコでのeコマースプレイヤーの市場シェアが1位になったと推定されています。

以前の記事でも書きましたが、メキシコは現金での決済を好むユーザーが未だに80%もいるという、eコマースと非常に親和性が低い国ではありますが、そんな中でも Amazonが大きく健闘していることがよく分かると思います。

【関連】Amazonがフィンテック事業に参入するならこんなふうに。ECを強化する秘策=シバタナオキ

「シンガポール」のeコマース事情

シンガポールで Amazon Prime Nowがリリースされて以来、3日間でアプリが11,000ダウンロードされ、Amazon Prime Nowの2時間以内の配達というのが人気になっています。
※参考:How Amazon pulled off its biggest Prime Now launch ever

シンガポールは、東京のように非常にコンパクトなエリアに約550万人の人が住んでおり、Amazon プライムやAmazon Prime Nowといったサービスの必要性が非常に高い地域だとも言えます。

Amazon はシンガポールにおいて、10万スクエアフィート(約9,000平方メートル)の、世界最大のAmazon Prime Now専用の物流施設を構えて、このたった1つの物流施設でシンガポール全体に商品を届けています

Next: これからまさに爆発しようとしている「インド」のeコマース

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー