fbpx

北朝鮮は、トランプが喜ぶ「餌」を持っている。米朝会談で最後に笑うのは誰か=矢口新

対応を間違えれば一般人が殺される

アフガニスタンは、米国という1強に対する対応を間違えた。タリバンが脅しに屈しなかったからだ。

イラクやシリア、リビアも間違えた。イエメンやソマリアは、内戦で対応そのものができない。

そういった国々では、米軍が2017年にも一般人を殺害している。

北朝鮮はどうやって生き延びるのか?

では、ロシア・ベネズエラ・キューバ・北朝鮮などが、米軍の攻撃から免れているのはなぜか?

加えて、それらの国々をとことん苦しめている経済制裁から、北朝鮮が逃れる方法はあるのか?

北朝鮮にとっては、トランプ大統領という「本音」で交渉できる相手が、やっと現れたというところではないだろうか。北朝鮮はいったいどんな交渉を行うのか、再びアフガニスタンの例から考えたい。

トランプの狙いは、北朝鮮の地下資源

トランプ大統領が明らかにしたアフガニスタン侵攻の「本当の目的」は、3兆ドルは下らないという地下資源だった。米政府は、こうした目先の欲に狂った勢力の助言を受け入れ、他国に侵攻、戦争を始めた、そのために、多くの米兵を犠牲にし、7000億ドルを費やした。

米国内でのテロ攻撃による犠牲も数えれば、割に合う戦争だったとは言えない

これでは、オバマ前大統領、クリントン元国務長官が弁護士コンビだったとはいえ、オサマビンラディン氏を法廷にあげるわけにはいかない。死人に口無しを選んだのだ。

だとすれば、米国が北朝鮮の地下資源(?)を戦争せずに独占できたなら、米国にとってははるかに効率的だ。そして、今後の経済発展に伴う見返りを独占できたなら、濡れ手に粟だと言えなくもない。

トランプ米国にとって、北朝鮮とのビジネスのこうしたメリットに比べ、一体どんなリスクがあるというのか?

もうけ話に乗らない手はない

韓国統計庁が発表した「北朝鮮の主要統計指標」によると、2008年時点で北朝鮮の地下鉱物資源は総額で6兆4000億ドル

内訳は黄金2000トン、鉄5000億トン、マグネサイト60億トン、無煙炭45万トン、銅290万トンだという。他にレアメタルのニオブ、モリブデン、タングステン、カオリナイト、チタニウム、ウランなど。

中国が輸入しているレアメタルでは、ジルコニウム、コバルト、マンガン、チタンなど。また、石油の確認埋蔵量はロシアを超えるとも言われている。

これらの数値の真偽は分からないが、トランプ大統領にとっては、細かな数値は問題ではなく、こうした「儲け話」だけで十分ではないだろうか?

ブッシュ、オバマ両政権があれだけの犠牲を払っても、まだ得られていないアフガニスタンの富の2倍以上の富が、無血で、平和裏に手に入る可能性があるのだ。

とんでもなくスケールのでかい、ビジネスチャンスなのだ。

Next: 核全廃に現実味。北朝鮮にとっても米朝会談が大きなチャンスになる

1 2 3 4
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー