fbpx

帝王レイ・ダリオが警告する2年後の景気後退と米ドル危機、そのとき日本は…

資産家でヘッジファンド運用者のレイ・ダリオ氏は、2年後に米経済は下降に転じると予測しています。消費増税、東京五輪を経た日本経済はどうなるのでしょうか。(『らぽーる・マガジン』)

※本記事は、『らぽーる・マガジン』 2018年9月18日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

「ドルは最大30%下げる」ヘッジファンドの帝王がブレずに弱気

米国経済は2年後に下降に転じる

資産家でヘッジファンド運用者のレイ・ダリオ氏は、米国は2年後に景気が下降に転じる可能性が高いとの見方を示したと報じています。また、ドルは大きく下落すると予想しています。
※参考:ダリオ氏:2年後の米経済下降を予想、次の危機はドルが主役に – Bloomberg(2018年9月12日配信)

レイ・ダリオ氏は、ヘッジファンド運営会社ブリッジウォーター・アソシエーツを率いていて、12日のブルームバーグテレビジョンのインタビューで「現在の減税による景気刺激策の効果は約1年半後に衰え始める」と指摘しています。

また「政府は財源が不足する年金やヘルスケアなどの支払いに充てるため、借り入れを増やす」とも述べました。

ドルは最大30%下げる

確かにトランプ大統領の経済政策は、大きく財政を緩めて減税やインフラ投資を推進し、とにかく株価を上げることに注力しました。

その結果、米財政が逼迫(ひっぱく)するのは事実でしょう。その中での利上げ政策に踏み切るFRBに利上げをやめさせようというのは、どうかしているとしか思えません。中間選挙向けのリップサービスのかもしれませんけどね。

ダリオ氏はインタビューで、国内外での米国債需要は米政府の借り入れニーズに追いつかず、金融当局はゆくゆくは利上げよりむしろプリントマネーの必要性が生じ、それが急激なドル下落を招くと予想していると報じています。

ドルは最大30%下げる可能性があると述べています。

Next: 2年後に「ドル危機」が訪れる? 消費増税、東京五輪後の日本は…

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい