fbpx

武田薬局のシャイアー買収は決定するか?製薬企業が積極買収に挑む理由=児島康孝

武田薬品工業がアイルランドの大手製薬企業シャイアーを買収する話で、創業家が反対を表明。この話で浮き彫りになるのは、会社は誰のものかという側面です。(『ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!』児島康孝)

有料メルマガ『「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」連動メルマガ』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

武田薬品7兆円買収が示す「会社は誰のもの」?

武田薬品工業、7兆円でシャイアー買収へ

武田薬品工業がアイルランドの大手製薬企業、シャイアーを7兆円で買収することで話が進んでいます。

あす12月5日の臨時株主総会でこの買収が決まろうとしていますが、武田創業家は借り入れの規模が大きすぎるとして反対を表明しています。会社のこの先を案じているのでしょう。

この買収は、武田薬品が7兆円でシャイアーを事実上、対等に「吸収する」パターン。買収完了後には、規模で世界10位以内に入ることになります。

世界の製薬業界はロシュ(スイス)や、ファイザー(米国)、ノバルティス(スイス)、メルク(米国)など巨大企業が「君臨」しています。

日本で存在感がある武田薬品も、世界では10位以内にはまったく届かない規模でした。

新薬の開発に伴う研究開発費が巨額になってきているため、規模が大きくないと厳しい状態になってきているわけです。

Next: シャイアー買収を進める、GSK出身のCEOクリストフ氏の思惑とは…

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい