fbpx

武田薬局のシャイアー買収は決定するか?製薬企業が積極買収に挑む理由=児島康孝

武田薬品工業のトップは、GSK出身のウェバー氏

武田薬品のCEOは、グラクソ・スミスクライン(GSK)出身のクリストフ・ウェーバー氏です。GSKは、英国の製薬大手で世界のトップ10に入っています。

武田薬品はトップが外国人で、見た目以上に国際化が進んでいるのです。

そして、今回の買収の相手のシャイアーはアイルランドの企業ですが、もとは1986年に設立された英国のベンチャー企業です。希少疾患のいわゆるニッチ市場で次々と関連企業を買収し、大きくなってきました。現在は規模で、武田とほぼ同じです。

シャイアーは2016年に米国のバクスアルタを買収して規模が大きくなり、現在に至っています。

GSK出身のウェーバー社長にすれば、シャイアーは英国にゆかりのある企業であり、大きな失敗は考えにくいのでしょう。

製薬企業の買収の必然性は?

なぜ製薬企業がどんどん買収するかですが、これは新薬の開発と絡んでいます。

つまり新薬がヒットすれば巨大な収益が上がり、それが特許切れになると収益が一挙にダウン。開発期間は10年ほどもかかるのが普通で、次々と次の新薬がなければ経営が悪化します。

それで、次が上手く開発できていない時は企業を買収して丸ごと次の新薬を手に入れる、というわけです。

これを「パイプライン」と言っていて、次々と何が出てくるかが重要というわけです。

日本的な感覚では、「ベルトコンベア」のようなイメージですね。

武田薬品の場合、今回のチャンスを逃せばこうした新薬を豊富に手に入れることは難しくなります。ですから、ウェーバーCEOは勝負に出たわけです。

武田創業家の心配もわかる…

武田創業家が心配するのもよくわかります。しかし、武田薬品工業はグローバル企業と化していて、もう後戻りはできないのです(=武田創業家の、持ち株比率は小さい)。

こうした側面をみますと、会社は誰のものなのか?という点が、非常に微妙になってきていることがわかります。

このシャイアーも、米国のバクスアルタを買収して中身はアメリカの部分が大きくなっています。今回、武田薬品がさらにシャイアーを買収すると、名前は「武田」でも、中身は多国籍ということになります。

これは中々、悩ましい側面も含んでいると言えるでしょうね。

これで、いいのかもしれませんが。

有料メルマガ好評配信中!初月無料です


有料メルマガ『「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」連動メルマガ』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】なぜ赤字で還元してまで消費税を上げる?ドタキャンも視野に入れた政府の狙いとは=斎藤満

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込324円)。

2018年11月配信分
  • 円高・株安に中期見通しを変更(11/30)
  • (号外)ドイツ銀行に家宅捜索。株価は「破たんレベル」(11/29)
  • パリが「炎上」。マクロン大統領への抗議デモが大規模化(11/25)
  • 中期の景気サイクル「終わりの始まり」(11/23)
  • 日産ゴーン会長逮捕、これは「クーデター」か(11/20)
  • ブレグジットで英国大混乱、メイ政権はどうなる?(11/16)
  • 【速報3】ブレグジット閣議了承、英議会は不透明(11/15)
  • 【速報2】ポンド乱高下、記者会見中止などで混乱(11/15)
  • 【速報】英国ブレグジットで、日本時間23時にメイ内閣が閣議(11/14)
  • 【NY1】アメリカ中間選挙で、トランプ大統領の自由度に制約(11/9)
  • 共和党は、上院過半数維持も、下院は厳しい結果に(11/8)
  • NYハドソン川で、サウジ姉妹の遺体みつかる、心中か(11/3)
  • サウジ事件は波及する?ソフトバンクの巨額「ビジョン・ファンド」強みと弱み(11/2)

2018年11月のバックナンバーを購入する

2018年10月配信分
  • 【速報】アメリカ・ピッツバーグで、ユダヤ教徒など11人射殺される(10/28)
  • カショギ氏の遺族、サウジ出国し、アメリカへ。不透明感がマーケットに暗い影(10/26)
  • やはり、キーマン動く。サウジ皇太子とムニューシン財務長官が会談(10/23)
  • (号外)サウジ、カショギ氏の死亡確認。18人拘束、高官解任(10/20)
  • カショギ氏事件に、ユダヤ人脈が反応(10/19)
  • ポンペオ国務長官がリヤドに到着。流動的な情勢続く(10/16)
  • NYダウ、下げ止まりの様子。警戒するのは、FRB利下げ(10/12)
  • (号外)IMF世界経済見通し、きょう日本時間午前10時に発表予定(10/9)
  • IMF、世界経済見通しを下方修正か(10/5)

2018年10月のバックナンバーを購入する

2018年9月配信分
  • 日米貿易協議は、無難に着地も、トランプ大統領に微妙な変化(9/28)
  • 安倍首相の総裁3選、NYダウ26000ドルが示すもの(9/21)
  • 不穏な動き続く、シリア情勢(9/14)
  • やはり、日本のデフレは、災害か戦争で終わるのか?(9/7)

2018年9月のバックナンバーを購入する

2018年8月配信分
  • 北朝鮮問題は、金融制裁がカギを握る(8/31)
  • トランプ大統領、イタリア国債購入で支援申し出(8/24)
  • 妙に違和感がある、トランプ大統領の「ドル高」発言(8/17)
  • 河野外相ツイートから「日本の勢力図」をみる(8/10)
  • 海外投機筋が狙う、長期金利の上昇(8/3)

2018年8月のバックナンバーを購入する

2018年7月配信分
  • 2期目をめざす!トランプ大統領(7/27)
  • ヘッジファンドの円キャリートレードが復活(7/20)
  • ヘルシンキで米露首脳会談、16日に開催(7/13)
  • 【号外】ドル円の見通し変更について(7/11)
  • 本気モードのトランプ政権。米中貿易摩擦の行方は・・(7/6)

2018年7月のバックナンバーを購入する

【関連】日本に背を向ける韓国、来たるべき経済危機をどう克服するのか?=勝又壽良

【関連】ゴーン前会長逮捕は見せしめ、日産を舞台にした米仏代理戦争が日本経済を冷やす=斎藤満

【関連】バフェットも落ちたバリュートラップを避け、優良銘柄を「できるだけ安く」買う方法=栫井駿介

1 2

ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!』(2018年11月29日号)より抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!

[無料 日刊]
FRB緊急利下げへ」「日銀マイナス金利」をヒットさせた腕を生かし、海外投機筋、米・欧・日の中央銀行の最新情報をメルマガで!まぐまぐ殿堂入り、MONEY VOICE掲載メルマガ。為替FX・株式・資産運用のヒントに、一味違うメルマガ情報。※号外広告あり

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー