fbpx

日経先物はニューヨーク市場で大台割れ、それでもまだゴーン逮捕時より高い=持田有紀子

日本株の割高感は拭い去れていない

海外市場では米国株の安値模索がどこまでかを見極める場となりそうだったが、ニューヨーク序盤では意外に、ビッドの強い展開でスタートした。

しかしトランプ大統領が貿易交渉に関して強硬姿勢を示したことで、マーケットは全体的にリスクオフに傾いた。ようやく米国株が下げ始めると、日経先物はナイトセッションで2万2,000円の大台割れ。

日経平均先物 日足(SBI証券提供)

日経平均先物 日足(SBI証券提供)

最終的に日経先物は2万1,575円まで安値を広げたが、このレベルというのはゴーン氏が逮捕される直前の水準であるだけに、まだ日本株の割高感は拭い去れていない。

12月5日(日本時間 12時00分)
日経=21910, 円債=151.59, JPY=112.95

続きはご購読ください。初月無料です


※本記事は有料メルマガ『持田有紀子のグローバル投資術~日経先物、FXの投資戦略に最強の味方~』2018年12月5日号の一部抜粋です。日銀会合やFOMCなどの重要イベントを控えた今、平日毎日発行中のメルマガをリアルタイムで受信したい方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】ゴーン逮捕で「移民法」のスピン報道に成功、日本をカースト構造にする移民政策へ

【関連】賃金上昇も大ウソ? 日銀まで疑いだした日本の政府統計〜ねつ造か改ざんか誤集計か=今市太郎

【関連】まだ投資の勉強をしているのか? 個人投資家がプロから大金を奪う方法は1つしかない=鈴木傾城

持田有紀子のグローバル投資術~日経先物、FXの投資戦略に最強の味方~』(2018年12月5日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

持田有紀子のグローバル投資術~日経先物、FXの投資戦略に最強の味方~

[月額3,300円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
海外の金融マーケットの動きと本日の作戦。日経先物やFX取引などでその日すぐに役立つトレーディングにおける作戦をはじめ、投資全般のパフォーマンス向上に役立つ情報や今後のマーケットview満載でお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー