fbpx

不正投票も再集計騒ぎも根絶へ。ブロックチェーンによる選挙革命が始まっている=高島康司

選挙に大変革が起きている。ビックデータやSNSを使った投票誘導が問題視されているが、ブロックチェーンの活用で公正な選挙を守ろうとする動きがあるのだ。(『ヤスの第四次産業革命とブロックチェーン』高島康司)

※本記事は有料メルマガ『ヤスの第四次産業革命とブロックチェーン』2018年11月13日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

現行選挙は穴だらけ?民主主義を守るのはブロックチェーン技術か

ビッグデータとAIによる誘導

いま欧米を中心とした国々では、選挙に大きな変化が起こっている。これがブロックチェーン導入に向けた動きを加速させる背景となっている。まずこの動きを確認する。

ちょうどアメリカの中間選挙が終わったばかりだが、選挙のあり方が大きな問題となっている。政治権力が国民の意思に依存する主権在民の民主主義の政治体制にとって、選挙による投票はもっとも重要な基盤である。そのため、不正がなく、国民の意思が確実に反映される票のシステムでなければならない。

しかしながら、近年のSNSやビッグデータ、そしてAIの発展は著しく、既存の比較的に素朴な選挙制度の根幹が脅かされる状況になっている。

SNSから得られる個人情報をもとに個人のライフスタイルや関心から個人の政治的な傾向を解析し、SNSに特定の候補者に投票するように誘導するメッセージを大量にリンクする。そのようにして、投票行動を変更することができるようになっている。

たとえば、今回の米中間選挙では、共和党は1億8,000万人の有権者の個人情報を入手し、それらの個人が共和党に投票するように誘導する選挙キャンペーンが多くのSNSで展開された。もちろん、こうしたテクノロジーを導入できた陣営とそうではない陣営とでは、選挙結果に極端な差が出てきてしまうのは当然だ。米中間選挙では民主党も同様のシステムを導入している。また、応援している特定の政治党派を勝利させるために、企業が莫大な資金を投じて投票行動の誘導を行うことは、ほとんど常態化している。

感情に訴えるキャンペーンと投票率の上昇

そして、こうした選挙の手法で実施されるのが、有権者の感情に訴える激しいキャンペーンである。フェイクニュースなどを通じて対立候補や対立政党への激しい憎しみを煽り、反対側が勝った場合の危機感を感情に強くアピールして、投票を強く促すのである。

こうしたキャンペーンが、有権者の個人情報から抽出されたひとりひとりの個別な関心や政治志向にカスタマイズされて、SNS上で展開される。必然的にこれは強い感情的な反応を引き起こし、多くの有権者は相手を強く憎悪するようになる。

一方、このような手法の結果、投票率は飛躍的に上昇する。対立する陣営の憎しみに駆られた有権者は、危機感から投票所に殺到するので、投票率は必然的に上昇するのだ。これは、今回の中間選挙で見られた現象である。今後、欧米の国々の多くの選挙で見られるようになるはずだ。

困難に直面する投票システム

しかしながら、こうした新しい政治的なトレンドに既存の投票システムが対応できなくなっている。今回の米中間選挙はその典型だが、投票所には長蛇の列ができ、投票するのに4時間から5時間もかかる光景が普通に見られた。

さらに、投票用紙や投票用コンピューターを用いた既存の方法にも問題が出てきた。感情的に激高した政治勢力による不正投票や、投票用コンピューターの不正操作、さらに外部の勢力による得票数のコントロールなども横行するようになっている。米国家安全保障省によると、2016年の大統領選挙では、ロシアによって21州の投票システムがハッキングされ、イリノイ州では50万票のデーターベースが不正に操作されたとしている。ホワイトハウスが任命したモラー特別検察官は、ハッキング容疑で26名のロシア人を起訴した。

また2017年には、国家安全保証省は、投票システムで使われるコンピューターは、原子力発電所やライフラインのインフラと同等のレベルの攻撃に合う危険性が高いとして、最高度のセキュリティーを維持する必要性を主張している。

さらに、ハッキングの危険性がない投票用紙による投票も安全とは言い切れない。死亡者の名義を使った投票や、同一人物が何度も投票する不正は後をたたない。

特に、選挙が感情的な激高の対象となってからは、こうした不正行為は頻発するばかりだ。そのため、選挙結果が僅差となった場合、得票を再集計する必要性に迫られることも多くなっている。

こうした、選挙が感情的に激高したイベントとなり、不正行為も横行しやすくなった状況で、安全度の高い投票システムとして注目されているのが、ブロックチェーンによる投票システムだ。

Next: ブロックチェーンなら不正はできない? 採用には大きなハードルも…

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい