fbpx

ゴーン会長逮捕は日産のクーデーターか? 東京市場は大荒れ必至=児島康孝

きのう11月19日、日産自動車のゴーン会長が金融商品取引法違反で逮捕されました。それにしても日産の解任・発表の流れは手際が良く、クーデターでは?と思えるほど。きょうの東京市場は大荒れ必至です。(『「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」連動メルマガ』児島康孝)

有料メルマガ『「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」連動メルマガ』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

ルノー株が大幅下落。フランス財政界にかかわる大問題に発展か?

手際よくゴーン会長の解任を発表

11月19日、日産自動車のカルロス・ゴーン会長が金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で逮捕されました。

仕事柄、たいていのニュースでは驚かない私でも、今回の日産のゴーン会長の逮捕には驚きました。

ゴーン会長は「コストカッター」と呼ばれ、2000年に日産の社長に就任しました。

当時の日産は経営危機に陥っており、系列の部品会社との取引をを整理し、しがらみのない外国人社長として、日産を立て直しました

それにしても、手際よく、ゴーン会長の解任を発表する日産。

これは「クーデター」ではないのか?

翌20日の日経平均は「暴落」か

まさかのゴーン会長の逮捕。これを株式市場は織り込んでいません。

ということは、日経平均はこれから暴落するのか?

株式市場は、予期せぬ出来事に大きく反応します。20日の東京市場は大荒れでしょう(※編注:19日のNYダウは前週末比395ドル安の2万5,017ドルと3営業日ぶりの反落。米国市場においては日産自動車の影響はほぼないと見られるものの、米中貿易摩擦への不透明感やハイテク株の不振から全般的に売られ、約3週間ぶりの安値で終えています)。

NYダウ 日足(SBI証券提供)

NYダウ 日足(SBI証券提供)

実は、最近、FRB当局者が「利上げの打ち止め」を模索しているので、きょう11月20日号の当メルマガでは、「中期サイクルの下降転換に注意」と書く予定でした。

しかし、今回の急展開で、これは「後出しジャンケン」になってしまいました…。

Next: 巨額の資金はどこに流れた? ゴーン会長逮捕は日本の問題だけではない…

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい