fbpx

年末の薄商いでついに1,000円安!日経平均先物は1万9,000円割れも(12/25)=山本伸一

きょうの日経平均株価は1,010円安の続落で、年初来安値をさらに更新。引け後に先物で1万9,000円を割って終了しました。為替は一時110円を割り、引き続き円高基調です。(『株とまとの「株式投資戦略」』山本伸一)

日経平均は1,000円越えの大幅続落!きょうの値動きまとめ

米国市場は用心人事の先行き不透明で続落、これを受けて日本は大幅続落

昨晩の米国市場は暴落。クリスマスイブの短縮取引のなか、米国要人人事の先行き不透明感が強まり、換金売りが強まっています。

NYダウ 日足(SBI証券提供)

NYダウ 日足(SBI証券提供)

ダウ平均株価は、前営業日比653.17ドル安の2万1,792.20ドル。ナスダック総合指数は140.08ポイント安の6,192.92ポイントで取引を終えました。

為替相場ではドル円が111円割れで110円前半の円高推移が確認されています。

日経平均 日足(SBI証券提供)

日経平均 日足(SBI証券提供)

東京市場は米国株暴落、円高推移を嫌気した売りが先行。日経平均株価始値は1万9,785円の暴落スタートとなっています。

寄り付き後は、日経平均株価が大台2万円を割り込んでおり、見切り売りで下値を探る展開。前引け前に一時1,032円安まで下げ幅を広げました。

後場では安値もみあい、TOPIXは2017年安値を割り込む場面もあるなど、さえない展開となっています。

日経平均株価終値は、1,010.45円安の19,155.74円。東証1部の売買代金は概算で2兆6,167億円。東証1部の売買高は概算で17億1,656万株。値上がり銘柄は27(1%)に対し値下がりは2,096(98%)、変わらずは8(0%)となりました。

Next: 大きく買われた個別銘柄は?セクター別、新興市場も解説も

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい