fbpx

金融危機が訪れる前に株を売っておきたい!そんなときに本当に必要な備えとは=田中徹郎

世界経済の先行きが危ぶまれる昨今、「株を売っておきたい」という相談が増えています。世界的金融危機に向けて、どのような準備をしておくべきなのでしょうか。(『一緒に歩もう!小富豪への道』田中徹郎)

プロフィール:田中徹郎(たなか てつろう)
株式会社銀座なみきFP事務所代表、ファイナンシャルプランナー、認定テクニカルアナリスト。1961年神戸生まれ。神戸大学経営学部卒業後、三洋電機入社。本社財務部勤務を経て、1990年ソニー入社。主にマーケティング畑を歩む。2004年に同社退社後、ソニー生命を経て独立。

自らの暴落予想に振り回される個人投資家たち

株価が暴落しそうなので、持ち株を全部売っておきたい!

最近のように世界経済の先行きに黄色信号が点りますと、必ず受ける質問があります。

近々大規模な金融危機が発生して株価が暴落しそうなので、いったん持ち株を全部売っておきたいのですが、田中さんはどうお考えになりますか?』

お気持ちはよくわかります。

来年の世界経済はどう考えても明るくはありません

年明けて3月には米中間の「90日協議」の期限が参ります、万一交渉決裂となれば株価に与える影響は計り知れません。

さらに同月末にはイギリスのEU離脱が予定させており、このまま行けばハードブレグジットとなり、世界経済はイギリス発の大混乱となりかねません。

来年後半はトランプ減税の効果が薄れ、長らく続いたアメリカの景気拡大に終止符が打たれる可能性があります。

中国経済の成長は既に鈍化しましたが、さらに循環的な景気の下降局面に入りつつある様子がうかがえ、どう考えても来年の中国経済は明るいようには見えません。

世界経済を危ぶまれる出来事はこれまでにいくつもあった

先行きがこのような状況ですので、冒頭の方のようにリーマン・ショックの再来を予想し、持ち株を全部売ってしまいたいというお気持ちは、僕にもよくわかるのです。

ただし、このように厳しい環境は今に限ったことではありません。

リーマン・ショック以降だけを振り返っても、例えば

・ギリシャ危機
・欧州債務危機
・中国による人民元切り下げショック
・アルゼンチンやベネズエラ、トルコなど新興国不安
・北朝鮮による核実験等による軍事的緊張

など、世界経済を危うくしかねない出来事は何度も起きています。もちろん向こう数カ月のうちに大きな経済ショックが起きないとは言い切れませんが、それをあらかじめ予想するのは至難の業です。

第一あらかじめ予想できるようなら、それを金融危機と呼べるでしょうか。

その場合、危機の芽は徐々に経済に織り込まれ、経済はソフトランディングすることになるはずです。

つまり突然襲ってくるのが金融危機であり、事前に予想して備えることは不可能だと僕は思うわけです。

でも金融危機は何年かに一度必ずやってきますので、私たちは無防備でいるわけにはゆきません。

Next: 何年かに一度訪れる金融危機に、どのような備えをするべき?

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい