fbpx

パートナーがいる人生といない人生、ライフワークや仕事はどっちがうまくいく?=本田健

パートナーシップには、愛や幸せに関する人間関係のレッスンと豊かさの源泉が詰まっています。そんな理想的なパートナーシップとはどういうものかを解説します。(『本田健がこっそり教える幸せな小金持ちになるための「お金と仕事」の秘密』本田健)

※本記事は有料メルマガ『本田健がこっそり教える幸せな小金持ちになるための「お金と仕事」の秘密』2018年12月24日号の抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:本田健(ほんだ けん)
神戸生まれ。経営コンサルタント、投資家を経て、29歳で育児セミリタイヤ生活に入る。4年の育児生活中に作家になるビジョンを得て、執筆活動をスタート。「お金と幸せ」「ライフワーク」「ワクワクする生き方」をテーマにした1000人規模の講演会、セミナーを全国で開催。著書に『ユダヤ人大富豪の教え』『20代にしておきたい17のこと』など累計発行部数700万部を突破。

理想のパートナーシップを持つために知っておきたいこと

パートナーと深くつながるほど、仕事も人間関係も上手くいく

パートナーシップは、最も心理的な距離が近づく関係です。そのため、二人の関係が愛で満たされていれば、そのぶん大きな幸せを感じられます。一方で、距離が近づいたぶん、自分の見られたくないところを見られたり、相手の嫌なところを見たりと、お互いに苦々しい思いをすることも多くなります。

でもそれは、より自分のハートを開いたり、自分とは異なる価値観やあり方を認める機会、言い換えると愛に関するトレーニングにもなるわけです。だから、パートナーとオープンに深く繋がれば繋がるほど、ライフワークや仕事の人間関係もうまくいきやすくなるのです。

そこで今回は、
1)理想のパートナーシップがもたらす幸せ
2)パートナーがいる人生といない人生の違い
の2つについて、述べていきたいと思います。

理想のパートナーシップがもたらす幸せ

最高のパートナーを得て、心から幸せで、愛して愛される関係、これには誰もが憧れるでしょう。多くの人は、素晴らしい相手を見つけさえすればそれが実現すると思っていますが、極論を言ってしまえば、実は相手は誰でもいいのです。自分が相手に対して心を開いて、そして相手に愛される、これができれば幸せなパートナーシップを持てるのです。

誰かのことを好きになり、そして相手も自分のことを「好きだ」と言ってくれて、とにかく毎日ワクワクして「このような幸せって、あってもいいのか」と感じる、このような状態がパートナーシップの幸せだと多くの人は思うでしょう。しかし、それは単なるロマンスの幻想で、長続きしないものです。

そのロマンスの幻想からステージが変わり、いろいろな紆余曲折を経て本当に深いレベルでつながるパートナーシップができたとしたら、きっと世界で最も貴重なものではないかと思います。この「理想の」という意味は、おとぎ話の王子様とお姫様の恋愛ということではなく、いろいろな問題や課題がありながらも相手を心から愛し、相手に愛してもらうという、理想のパートナーシップです。

それには、相手のことを理解しようと努め、自分のことを理解してもらうという努力が要ります。その努力をし続けることによってしか実現しないけれども、もしそれが実現すれば、何にも代えがたい幸せが得られるでしょう。

Next: パートナーがいる人生といない人生では、どちらが幸せ?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい