fbpx

日経平均急落の底は1万8,360円か。2019年以降、上昇へと向かう条件と読み筋=伊藤智洋

大きく下げている日米株価。日経平均の下値目安は1万8,360円前後が挙げられます。そこまで下げるなら来年の早い段階で2万4,448円を目指す動きが考えられます。(『少額投資家のための売買戦略』伊藤智洋)

※本記事は有料メルマガ『少額投資家のための売買戦略』2018年12月23日号を一部抜粋・再構成したものです。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。今月配信済みバックナンバーや本記事で割愛した全文(日経平均・NYダウの今後のシナリオ、予測の仕方)もすぐ読めます。

プロフィール:伊藤智洋(いとうとしひろ)
証券会社、商品先物調査会社のテクニカルアナリストを経て、1996年に投資情報サービス設立。株や商品先物への投資活動を通じて、テクニカル分析の有効性についての記事を執筆。MS-DOS時代からの徹底したデータ分析により、さまざまな投資対象の値動きの本質を暴く。『チャートの救急箱』(投資レーダー社)、『FX・株・先物チャートの新法則[パワートレンド編]』(東洋経済新報社)など著書多数。

難しくなる相場予測。来年以降、早い段階で2万4,448円を目指す?

「値動きから未来を予知できる」という考え

当メルマガが、まぐまぐ大賞2018「資産運用(予想的中)」部門1位になりました。ありがとうございます。実のところ、複雑な気持ちです。

今年は、日経平均先物で、長期的なシナリオを作るときの根拠があいまいになってしまいました。私は、チャートの動きによって、多少なりとも未来が予知できると信じてきました。値幅で利益を出す取引が完全なギャンブルではないと考えていたからこそ、予想屋という仕事に意味があると考えていました。大げさに言ってしまえば、値動きから未来を予知して、合法的なインサイダー情報を皆様に提供していると考えていました。

競艇場へ行くと、ボートやモーター、選手の状態、強さを比較して展開を考えて、当たり舟券の予想を100円で教えてくれる予想屋さんがいます。この人たちは、確率や表面的な特徴から予想を組み立てています。

私は、そこに選手の意思(同郷の先輩後輩、借金の有無、優出するための点数の貸し借り、過去の不自然な展開など)を考慮して、いくつかのレースに八百長があると想定して、八百長があるとするなら、このレースで結果がこうなるという予想をしてきました。八百長のないレースは、すべてギャンブルであって、未来を予知することなどできません。確率では、少額の投資家が大きな利益など得ることができないのです。

市場が存続する限り、儲け続けている主体がある

私の予測の根っ子にある部分は、資本主義市場である以上、利益を得られないものが消滅する、つまり、長く存続し続けているなら、そこには利益を得続けることのできる主体があるということです。

競馬、競艇などは、運営側が最初に25%を抜いてしまうので、そこに一方的な利益が生じています。先物市場では、場を仕切る胴元がいないのですから、投資したお金のやり取りの中で、必ず利益になる仕組みがどこかになければ、すべてが完全なギャンブルとなってしまいます。

それでは、大口の投資家がそこに参加する旨味がなくなり、出来高が減少して、上場廃止になってしまいます。先物市場の各銘柄が存在している理由は、利益になる仕組みがあるからです。その大本は、基軸通貨であるドルの増減によって、お金の動きをおおまかにコントロールできるということです。

投機的な資金を運用する側は、目先のやり取りを支配しているだけではなく、結果としてそうなってしまう資金移動の事情(前述したドルの増減による影響、金融・財政政策、経済活動の必然、ファンド等の事情など)を利用して、通常、あらわれてしまう価格の振れを増幅させています。

「高速道路の追い越し車線を自らが先頭に立ってスピード違反を犯すリスクを取らないが、追い越し車線の先頭車を煽り、速度を上げさせる側、値段を大きく動かしたい投機が確実にそこに存在している」という考え方が成立しているからこそ、値動きには、特定の部分で未来予知が含まれていると推測できるのです。

Next: なぜ上げ過ぎ・下げ過ぎが起こる? 今年の値動きで今後の見方が変わった…

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい