fbpx

中国の景気後退懸念からNYダウが213ドル安、日経は最後プラスに転じて15円高で終了(1/29)

本日の東京マーケットは15円(0.08%)高の2万664円で取引終了。中国の景気減速懸念からNYダウは下げ幅242円となる場面も、政策期待から小幅プラスに転じました。(『ハロー!株式』)

NYダウの下げを受けて安く始まるも日経平均は15円高の2万664円

相場概況

本日の東京マーケットは、日経平均株価が15円(0.08%)高の2万664円で取引終了です。

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

中国景気の減速懸念などから、昨晩のNYダウが208ドル安となったことで朝方は幅広い銘柄に売りが先行、10:07には下げ幅が242円となる場面がありました。ただ、中国政府の政策期待などから売り一巡後は先高期待からの押し目買いが優勢となり、引けにかけては小幅ながらプラスに転じています。売買代金は2兆1,157億円、上海総合指数は2ポイント安の2,594です。

NYダウ 日足(SBI証券提供)

NYダウ 日足(SBI証券提供)

業種別では、電力ガス、水産、紙パ、陸運、空運、食品などの上げが目立ち、一方で石油、機械、電機、非鉄、海運、自動車などが下げています。

東洋シヤッターがストップ高で100円高の730円。昨年9月に発生した台風21号の影響でシャッターの修理需要が増え、19年3月期の連結純利益が前期比43%増の7億円になる見通しと発表し、好業績を好感した買いが集まっています。文化シヤッターも52円高の755円、三和HDも24円高の1,203円と値を上げています。

工業用プラスチック成形品や成形用金型メーカーのタカギセイコーがストップ高で700円高の5,400円と上場来高値を更新。昨年11月末に「針なし注射器」19年1月に量産出荷する予定と発表したのをきっかけに大幅高し、日柄調整を経て再び買いが入っています。

犬猫向け高度医療を行う動物病院を運営する日本動物高度医療センターが210円高の2,408円と大幅高。犬・猫の異常を早期発見できる健康管理機器を2月1日から発売すると発表し、収益拡大を期待した買いが入っています。気圧センサーでジャンプ回数を計測し、犬・猫の活動量をスマホアプリに記録して動物の異変をいち早く察知できるといいます。5年間で国内の犬・猫の飼育頭数の約1%にあたる18万個を販売目標としています。

東映系のアニメ制作老舗の東映アニメが185円高の4,405円と値を飛ばし、株式分割考慮後で実質的な上場来高値に接近しています。今期の連結純利益が前期比30%増の102億円と従来計画85億円を上回る見通しとなり、増配意向も発表。ドラゴンボールZドッカンバトルを中心に版権事業が好調です。

その他、JR東海が310円高の2万3,300円、セコムが96円高の9,150円、遺伝子・再生医療関連のタカラバイオが53円高の2,569円、福島を本拠にラーメンチェーンの幸楽苑が280円高の2,290円と大幅高です。

本日の新高値銘柄は、アルテリア、東洋シヤッター、廣済堂、カブドットコム、上場Jリート、ジャパンリアルエステイト…等々です。

Next: 今日の相場まとめ/時価総額ランキング

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー