fbpx

ゆうちょ銀行は上値チャレンジへ~MSCI指数組み入れなど好需給背景=日本インタビュ新聞社

ゆうちょ銀行<7182>(東1)は11月18日、27円安の1757円と反落して取引を終えたが、今年11月5日につけた上場来高値1823円に肉薄している。(日本インタビュ新聞社)

ゆうちょ銀行は好需給と割安感背景に高値更新へ

指数組み入れの好需給思惑が株価支援材料

ゆうちょ銀行<7182>(東1)は、18日から世界の機関投資家が運用上のベンチマークとしているモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)の標準指数に採用され組み入れが開始されることを背景に、買い需要が発生するとして前日に高値を窺い、きょうは目先の利益確定が先行した。

ただ今後も、東証株価指数(TOPIX)算入に伴う好需給思惑などが継続することになり、下値では根強い押し目買いが途切れていない。

今年11月4日の新規株式公開(IPO)後の初決算として11月13日に発表した今3月期第2四半期(2Q)累計業績は、減収減益となったが、3月通期業績対比では順調な進捗率を示し、成長戦略の発動期待も潜在していることも、株価支援材料となりそうだ。

国内外の機関投資家の買い需要が拡大し株価押し上げ効果

同社株は、持株会社の日本郵政<6178>(東1)などとともに、1987年上場のNTT<9432>(東1)以来の大型民営化企業として3社同時IPOされ、公開価格は1480円、公開(売出)株式数は4億1244万株で、資金吸収額は6000億円弱に達した。

初値は、公開価格を約18%上回る1680円でつけ、上場来高値1823円まで買い進まれて時価総額は8000億円を超えた。このためMSCI標準指数に採用されたもので、今後、グローバルに機関投資家の買いが拡大する可能性が高い。

また、市場の一部では、同社IPOに際してのIPO倍率が国内一般投資家、国内機関投資家、海外投資家合計で約3倍になったと観測されており、IPO株抽選に外れたこれらの投資家が、今後のセカンダリー市場で買い需要を強める展開も想定されている。

成長戦略

今3月期業績は、経常利益4600億円(前期比19.2%減)、純利益3200億円(同13.3%減)と予想、11月13日開示の今期2Q累計業績も、経常収益9871億5500万円(前年同期比4.2%減)、経常利益2516億9500万円(同7.8%減)、純利益1715億8700万円(同5.5%減)と連続の減収減益で着地したが、純利益は、3月通期予想純利益に対して53.6%の進捗率と目安の50%を超えた。

手数料収入の拡大に向け野村ホールディングス<8604>(東1)などと3社で資産運用会社を設立したが、運用資産のほぼ半分を国債が占め、金利低下で収益が縮小傾向にあることなどが響いている。今期配当は、今年8月1日付けで実施した株式分割(1対30)を勘案して年間25円を予定している。

今後の業績動向については、政府が、自民党の提案した預入限度額の引き上げを検討しているほか、運用資産も多様化し、国債よりリターンの高い外国証券などでの分散を進めるなど成長戦略を策定、発動させることが予測されており、業績拡大につながってくる。

ゆうちょ銀行<7182> 日足(SBI証券提供)

ゆうちょ銀行<7182> 日足(SBI証券提供)

PBR評価、配当利回りはメガバンクより割安で上値チャレンジに弾み

株価は、公開価格のPERが16倍台とメガバンクより割高になるものの、PBRは0.47倍、配当利回りは3.4%と割安なことが評価されて高人気の初値形成となり上場来高値まで買い進まれた。好需給思惑に加え政策支援を受けた成長戦略の発動期待も高まり上値チャレンジが続こう。

【関連】「郵政3社は最強の仕手株だ」ある情報筋との会食、本尊は日本政府?

【関連】「醤油のキッコーマン」が外国人にとって特別な日本株になった理由=若林利明

日刊株式投資情報新聞』2015年11月18日号より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

日刊株式投資情報新聞

[無料 ほぼ平日刊]
「日刊株式投資情報新聞」は投資家と企業を結ぶ報道型IR支援会社の日本インタビュ新聞社が提供するインターネットの株式専門メールマガジン。当社の提供する媒体は、「日本インタビュ新聞 株式投資情報」をコアとして、「経営者紀行」、「個人投資家向け企業情報 Media-IRソリューション」と幅広い情報網を有する。こうした立体的な情報が、個人投資家に生き生きとした感動のあるニュースソースを実現している。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい