fbpx

コロプラは最高純利益連続更新に連続増配オンで全値戻し視野=日本インタビュ新聞社 編集長・浅妻昭治

コロプラ<3668>(東1)が11日大引け後に発表した9月期決算は、前2015年9月期業績が期初予想を上ぶれて着地し、今2016年9月期業績も続伸を見込み、純利益が連続して過去最高を更新して市場コンセンサスを上回った。

配当も前期、今期と連続増配することを手掛かり材料に割安ゲーム関連株として買いが増勢となっている。(日本インタビュ新聞社 編集長・浅妻昭治)

新規ゲームが好調に推移、積極推進の海外展開も寄与

『ほしの島のにゃんこ』『白猫プロジェクト』など伸長

前期業績は、利益が期初予想を23億円~19億円上ぶれ、前々期比35.1%増収、37.4%経常増益、49.2%純益増益と大幅続伸した。

前々期に配信を開始した既存のオンライン型ゲームアプリ『ほしの島のにゃんこ』『白猫プロジェクト』が売り上げを伸ばしたほか、前期第2四半期(2Q)に配信を開始した『東京カジノプロジェクト』、同第3四半期(3Q)に配信を開始した『ランブル・シティ』『バトルガール ハイスクール』などの新規ゲームも好調に推移している。

海外展開も積極的に推し進め、第1四半期に韓国向けに『白猫プロジェクト』、2Qに台湾、香港、マカオ向けに『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』『白猫プロジェクト』、韓国向けに『アクション三国志 for Kakao』を展開。

さらに3Qには中国向けに『白猫プロジェクト』、韓国向けに『スリングショットブレイブズ』の配信をそれぞれ開始したことが要因となった。

今期業績も、これら既存ゲームの寄与に加えて、新規ゲームを前期比倍増の6本投入することなどから続伸、売り上げ850億円(前期比17.4%増)、経常利益360億円(同11.2%増)、純利益210億円(同8.0%増)を見込んでいる。

純利益は、前期に続き過去最高を更新するとともに、市場コンセンサスを約8億円上回る。

配当は、前期配当を期初予想の14円から16円(前々期実績10円)に増配し、今期も17円に連続増配を予定している。

年初来高値から調整後の半値戻しをクリア、割安修正で再発進

株価は、前期第1四半期の好決算に自己株式取得がオンして年初来高値2989円をつけたが、その後は好調な四半期決算を発表したものの市場コンセンサスを下回るとして下値を探り、世界同時株安の直撃で年初来安値1750円まで突っ込んだ。

コロプラ<3668> 15分足(SBI証券提供)

コロプラ<3668> 15分足(SBI証券提供)

コロプラ<3668> 日足(SBI証券提供)

コロプラ<3668> 日足(SBI証券提供)

コロプラ<3668> 週足(SBI証券提供)

コロプラ<3668> 週足(SBI証券提供)

決算翌日の12日寄り付き時点の高値で、この調整幅の半値戻し水準までリバウンドしているが、PERはなお13倍台と割安である。全値戻しへと再発進しよう。(編注:13日金曜終値は2512円)

【関連】「醤油のキッコーマン」が外国人にとって特別な日本株になった理由=若林利明

【関連】雲行き怪しいECBの12月緩和~ドイツ財務相ら要人の牽制発言相次ぐ=久保田博幸

日刊株式投資情報新聞』2015年11月12日号より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

日刊株式投資情報新聞

[無料 ほぼ平日刊]
「日刊株式投資情報新聞」は投資家と企業を結ぶ報道型IR支援会社の日本インタビュ新聞社が提供するインターネットの株式専門メールマガジン。当社の提供する媒体は、「日本インタビュ新聞 株式投資情報」をコアとして、「経営者紀行」、「個人投資家向け企業情報 Media-IRソリューション」と幅広い情報網を有する。こうした立体的な情報が、個人投資家に生き生きとした感動のあるニュースソースを実現している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい