fbpx

2度目の米朝会談、結果次第で韓国人難民が日本に押し寄せる?カネだけ求められる日本の悲哀=斎藤満

カネを出すのは日本と韓国

トランプ大統領との電話会談はしばらく途絶え、日本からの連絡はなかなか取れない状況でした。

拉致問題については米朝間には何ら関係がないと見られ、あえて言えば、北への経済支援は韓国と日本がカネを出すので、拉致問題でも北はできる対応はした方が良い旨は伝えてもらったようですが、北としては拉致問題はすでに終わったとの立場です。日本が拉致問題で譲らないことから、話が進まなくなっていました。

この日本の態度にトランプ氏も苛立ちを覚えていたようですが、いずれ日本から金を引き出し、ウラン開発などで日本の技術を利用したいため、日本をここで切り捨てることはできず、拉致問題への助言と、北への強い姿勢維持で安倍総理の顔を立て、いずれその見返りをしっかりとろうとの思惑のようです。

米韓同様、日米関係もあまりうまくいっていないように見えます。

変わる朝鮮半島の位置づけ

今回の首脳会談で北の非核化が大きく進むわけではありませんが、米国に都合よい方向に一歩ずつ進み、米朝関係がかつての敵対関係から親睦化が進みつつあります。

その中で朝鮮半島の南北統一が進むとすれば、半島全体が親米地域に向かい、韓国の「共産圏の防波堤」的な役割は無用となります。北が主導して半島統一となる可能性が高いのですが、それは半島の共産化ではありません。

北が中心となった親米国家となり、その朝鮮半島から米国は北京政府を監視することができます。

従って在韓米軍は不要になり、撤退となり、韓国の使命も終了します。

Next: 北朝鮮主導の南北統一で、韓国人の難民が日本に押し寄せる?

1 2 3 4
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー