fbpx

ソフトバンク<9434>が2.9%増益で着地。同時にヤフーの子会社化を発表

2019年3月期売上は前期比4.6%増の3兆7,463.05億円

ECやモバイルペイメント事業の分野でヤフーとの連携を強化

ソフトバンク<9434>が、5月8日16:00に2019年度3月期の決算を発表。

通期売上は前期比4.6%増の3兆7,463.05億円、営業利益は12.8%増の7,194.59億円。2020年3月期の営利予想は3.5%増の8,900億円としている。

同時に、現在は親会社であるソフトバンクグループ<9984>の子会社であるヤフー<4689>の株式を現在の12%から45%に増加し、連結子会社化することを発表。これにより、2020年3月期はヤフーの業績を連結したと仮定して作成されている。

ヤフーとは、これまでも協業してきたイーコマースやモバイルペイメント事業等の分野において、さらに踏み込んだサービスの提供をしていくとのこと。また、両社が有する国内最大級の顧客基盤およびその顧客基盤やIoTから得られる膨大な量と種類のマルチビッグデータを活用した、より便利なサービスの提供を行っていくとしている。

※参考:SoftBank 2019年3月期 決算発表

image by: Ned Snowman / Shutterstock.com

【関連】なぜバフェットは下げ相場で買うのか?暴落が楽しみになる「Buy the Dip」の極意=栫井駿介

【関連】もはや手遅れ?日本が最先端の技術を生み出せる国ではなくなる理由=鈴木傾城

【関連】野村HD、赤字1000億円超えの衝撃。証券界のガリバーに何が起きているのか?=児島康孝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい