fbpx

なにかと話題のアメリカの大型IPO、 次を飾るスラックのSaaS企業としての実力は?=シバタナオキ

ビジネス用のメッセージングサービス、スラックがIPOを申請。売上400億円という大規模SaaS企業のスラックは、米国IPOとしてどんな規模となるのでしょうか。(『決算が読めるようになるノート』シバタナオキ)

※本記事は有料メルマガ『決算が読めるようになるノート』2019年5月22日号の抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

売上400億円、年間2倍で成長する大型SaaS企業

Q. Slackの1社あたりの平均ユーザー数は?

A. 平均17ユーザー。

日本でも利用している方も多いかと思いますが、ビジネス用のメッセージングサービス、SlackがついにIPOを申請しました。

SlackのIPOは、ダイレクトリスティングと呼ばれる方法で、新株を発行せずに上場すると言うパターンです。

今回は2回に分けて、SlackのSaaS企業としての詳細を分析していきたいと思います。SaaSの分析と言えばこの人、Tomasさんのブログと合わせて、紹介していきます。

※参考:FORM S-1 Slack Technologies, Inc.

※参考:BENCHMARKING SLACK’S S-1: HOW 7 KEY METRICS STACK UP

gazou1

初めに、Slackはアメリカ発のサービスではありますが、すでに半分以上のユーザーがアメリカの国外から利用しているという、非常にグローバルなサービスになっています。

この地図にある通り、150以上の国から、60万以上の組織で利用されており、DAUは1,000万人を超えるという、非常に巨大なサービスです。

gazou2

この会社は決算期が1月末ですが、2009年の1月期において売上は約$400M(約400億円)、営業利益が△$154M(約154億円)と、まだまだ赤字が大きい会社ですが、売上はYoY約2倍で成長しています。

Next: SlackはSaaS系IPOとしてどれくらいの規模なのか?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー