fbpx

米中貿易戦争を激化したトランプの主張は正しいのか?中国企業の成功の真実=田代尚機

米国による追加課税措置で、上海総合指数は一時大きく下落したもののすぐに戻しました。トランプ大統領が主張する中国補助金政策の問題は真実なのでしょうか。(『中国株投資レッスン』田代尚機)

追加関税措置の強化・拡大は、長期的にはアメリカが不利!

貿易戦争の激化懸念で10日の上海総合指数が急落

10日(金)の上海総合指数は高寄り後、買いが優勢の展開となり、日本時間12時半の前引け最後の値は2,893.82ポイントで、前日終値比1.5%高で引けた。しかし、日本時間14時から後場の取引が始まると急落、わずか3分で前日終値比マイナスまで売られた。その後14時05分には2,838.38ポイントを記録、0.4%安まで売り込まれたものの、そこから急回復し、大引けは2,939.21ポイントで高値引け、3.1%高となった。

上海総合指数 1時間足(SBI証券提供)

上海総合指数 1時間足(SBI証券提供)

中小型銘柄の株価変動ならともかく、これは1,500社近い銘柄による時価総額加重平均型指数である上海総合指数の動きである。市場全体に影響する大きな悪材料があったから売られたわけだが、理由は明らかである。

アメリカは日本時間13時01分、予定通り2,000億ドル相当の中国からの輸入品に対する追加関税率を現在の10%から25%に引き上げた。中国はそれに対抗、報復措置を採ると表明しており、貿易戦争の激化が懸念されたからだ。

ろうばい売りで急落したもののすぐに、急回復したのだが、果敢に買ってきたのは誰なのか?いわゆる国家筋の投資家たちなのだろうか?

この日の上海50指数は3.5%高で、上海総合指数よりも高いが、創業板指数は4.4%高でさらに高い。国家隊が買ったかどうかは定かではないが、個人投資家が積極的に買ってきたとは言えそうだ。

上昇の目立ったセクターは半導体・部品、電子部品、PC関連、通信、通信設備など、追加関税率引き上げの影響のあるなしにかかわらず、追加関税がかけられているところが総じて買われている。証券、保険も大幅高である。短期的な相場の戻りを予想する投資家が多いと言えよう。また、国防軍事関連も大きく上げている。ここは、米中間の軍事的な緊張の高まりにより、恩恵を受けるセクターである。

全面高ではあるが、上昇率の低いセクターをみると、農業、銀行、鉄鋼といったあたりである。国家隊好みの銀行株の動きをみると、後場寄り直後をみても、特に強烈な買いが入ったといった様子は見られない。急落がもっと長く続いたら、国家隊の買いもあったかもしれないが、この日に限っては、そういうことはなかったのではないかと考えられる。

Next: 中国企業が強くなったのは、中国補助金政策の影響なのか?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい