fbpx

北朝鮮のミサイル発射理由「米国への挑発」はミスリード、裏側にあるメッセージとは=江守哲

北朝鮮がきな臭いですね。とはいえ、本格的な動きになることはまずないでしょう。メディアの報道は表向きの見方しかしていません。今回はミサイル発射の裏側について解説します。(江守哲の「ニュースの哲人」〜日本で報道されない本当の国際情勢と次のシナリオ

本記事は『江守哲の「ニュースの哲人」〜日本で報道されない本当の国際情勢と次のシナリオ』2019年5月10日号の一部抜粋です。全文にご興味をお持ちの方はぜひこの機会に、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:江守哲(えもり てつ)
エモリキャピタルマネジメント株式会社代表取締役。慶應義塾大学商学部卒業。住友商事、英国住友商事(ロンドン駐在)、外資系企業、三井物産子会社、投資顧問などを経て会社設立。「日本で最初のコモディティ・ストラテジスト」。商社・外資系企業時代は30カ国を訪問し、ビジネスを展開。投資顧問でヘッジファンド運用を行ったあと、会社設立。現在は株式・為替・コモディティにて資金運用を行う一方、メルマガを通じた投資情報・運用戦略の発信、セミナー講師、テレビ出演、各種寄稿などを行っている。

真逆の反応を示す米国と韓国、なぜミサイルは発射されたのか?

韓国軍関係者「弾道ミサイルではない」

やはり北朝鮮がきな臭いですね。とはいえ、この動きはまだまだ序の口です。国際情勢への関心を高めるための、撒き餌といってよいでしょう。本格的な動きになることはまずないでしょう。まだまだ先は長いです。

今回の北朝鮮のミサイル発射について、時系列で見てみましょう。

韓国軍合同参謀本部は5月4日、北朝鮮が東部の元山付近から東北方向の日本海に向けて飛翔体を数発撃ったと発表しました。飛距離は70〜200キロメートルで、当初はロケット砲との見方が出ました。

韓国軍は、飛行特性や軌跡などから新型の300ミリ多連装ロケット砲としました。射程がばらばらなため、複数の種類の武器を発射した可能性も指摘されました。

発射したのがミサイルであれば、17年11月29日の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」以来、1年5カ月ぶりです。

ただし、韓国軍関係者は「弾道ミサイルではない」としました。ここに大きなポイントがありました。

(編注:米国国防総省は9日、北朝鮮が発射した飛翔体について「弾道ミサイル」と断定しました。日本政府も「短距離弾道ミサイルを発射したものとみられる」との分析結果を発表し、外交ルートを通じて北朝鮮に抗議しています。)

本当に米国へのいらだちが発射理由か?

2月の米朝首脳会談が事実上決裂したあと、経済制裁を緩めない米国に北朝鮮はいらだちを強めていました。そこで、北朝鮮はいら立ちの象徴として飛翔体を発射したという見方が大勢を占めました。さらに発射は米国へのけん制との見方が浮上しました。

これが、一般的なマスコミの報道であり、国民もそのようにとらえたでしょう。

今回の発射がロケット砲であれば、国連安全保障理事会決議に違反しないことになります。したがって、発射のメッセージとしては、国際社会との決定的な対立は避けたい思惑も示したというわけです。

これも、正しい見方がどうか、疑ってみるべきでしょう。みなさんはどのように感じたでしょうか。

さて、このように危機を演出する、北朝鮮が得意とする「瀬戸際戦術」をどのようにとらえるか、です。

そもそも、この行為自体が瀬戸際戦術かどうか、といった問題があります。

また、マスコミが報じるように、米国から制裁緩和など譲歩を引き出す狙いや、朝鮮半島における主導権争いなどが、背景にあるのでしょうか。

さらに、今回の発射で、非核化プロセスの膠着状態が長引く懸念が強まったのでしょうか。

すべて違うといえます。

もう少し、事実を確認しましょう。

Next: 真逆の反応を示す米国と韓国、なぜミサイルは発射されたのか?

1 2 3 4 5

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい