fbpx

北朝鮮のミサイル発射理由「米国への挑発」はミスリード、裏側にあるメッセージとは=江守哲

金正恩に拉致問題を解決する気はあるのか?

さて、金委員長は2月末の米朝首脳再会談で、拉致問題に言及していたとされています。

金委員長は「日朝間の懸案として日本人拉致問題があるのは分かっている。いずれ安倍首相とも会う」とトランプ大統領に語ったといいます。トランプ大統領はこのやりとりを安倍首相に伝えたとされています。

米朝再会談時の金委員長の拉致問題への直接的な言及の存在が確認されたのは初めてです。ただし、金委員長が問題解決に意欲を持っているかどうかは明らかになっていないとされています。安倍首相は金委員長の真意を探ると同時に、日朝首脳会談の無条件開催に向けた調整を進める方針とされています。

これが、マスコミが伝えている報道です。あくまで表向きの話です。

マスコミが真の情報をつかんでいるとは思いませんが、国民は「そのような状態にあるのだろう」と考えているはずです。

一方、拉致被害者の家族はどうでしょうか。北朝鮮の拉致被害者である横田めぐみさんの弟拓也さんら家族会メンバーは、ワシントンでポッティンジャー米国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長と面会しました。ポッティンジャー氏は、2月に行われた米朝首脳会談で、トランプ大統領が繰り返し拉致問題を取り上げたことを伝え、解決に向けた協力を約束したとされています。

面会に同席した古屋拉致議連会長は、「2日間にわたった2月の首脳会談で、当初話題を変えようとした金委員長に対し、トランプ大統領はそういうわけにはいかないと繰り返し拉致問題に言及した」としています。

しかし、この問題は非常に複雑です。というのも、だれがどこまで真実を知っているかがわからないからです。それによって、話す内容が大きく変わってくるからです。

一部の拉致被害者は真実を知っているはずですが、その周りや米国サイドはどうでしょうか。トランプ大統領や政権の中枢部は知っていると思いますが、とにかくこの問題はタッチーです。

安倍首相はトランプ大統領と電話会談で、北朝鮮の日本人拉致問題に関し「あらゆるチャンスを逃さない。私自身が金正恩朝鮮労働党委員長と条件を付けずに向き合わなければならない」とし、前提条件なしに日朝首脳会談を模索していく考えを伝えました。

安倍首相はこれまで日朝首脳会談について「行う以上は拉致問題の解決に資する会談にしなければならない」と強調しています。

6カ国協議の参加国のうち、日本だけが北朝鮮と首脳会談を行っていない現状を踏まえて方針転換した形です。しかし、実現の見通しは立っていません

とはいえ、これもあくまで表向きの話です。この話は、日本の外交の根幹にかかわる、きわめて重要な問題ですので、本当の話は絶対に出てこないでしょう。

それくらい、厳戒態勢で情報統制が行われているはずです。

続きはご購読ください。初月無料です<残約3,000文字>

北朝鮮、9日にも再びミサイルとみられる飛翔体発射

動き始めたイラン情勢

※この項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!

<初月無料購読ですぐ読める! 5月配信済みバックナンバー>

※2019年5月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2019年5月配信分
  • 「米国の戦略を正しく理解する」(5/10)

いますぐ初月無料購読!

Wikimedia Commons(The White House)


本記事は『江守哲の「ニュースの哲人」〜日本で報道されない本当の国際情勢と次のシナリオ』2019年5月10日号の一部抜粋です。全文にご興味をお持ちの方はぜひこの機会に、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込864円)。

2019年4月配信分
  • 「ロシアにすり寄る北朝鮮」(4/26)
  • 「北朝鮮の危機感と米国の戦略」(4/12)

2019年4月のバックナンバーを購入する

2019年3月配信分
  • 「北朝鮮情勢に見える国際外交の裏側」(3/22)
  • 「米朝首脳会談の合意なしは想定通り」(3/8)

2019年3月のバックナンバーを購入する

2019年2月配信分
  • 「トランプ政権の弱体化が進展」(2/22)
  • 「トランプ政権の崩壊シナリオ」(2/8)

2019年2月のバックナンバーを購入する

2019年1月配信分
  • 進展しない米朝関係と疲弊する中国(1/25)
  • 2019年は国際社会の再構築元年に(1/11)

2019年1月のバックナンバーを購入する

2018年12月配信分
  • 米国の独善的政策は19年も続く(12/28)
  • 「ファーウェイ事件」で米国の本気度を理解する(12/14)

2018年12月のバックナンバーを購入する

2018年11月配信分
  • 「原油安は米国によるサウジへの制裁」(11/23)
  • 「米中間選挙の結果と今後の展望」(11/9)

2018年11月のバックナンバーを購入する

2018年10月配信分
  • 「米中間選挙を前に国際情勢は混乱」(10/26)
  • 「トランプ政権の先鋭化と中国の動き」(10/12)

2018年10月のバックナンバーを購入する

【関連】新紙幣を喜んでる場合か? 戦後の預金封鎖の暗い過去が蘇る新円発行=今市太郎

【関連】日本の地価崩壊はもう始まっている。東京五輪が「経済災害」になる日

【関連】知財を盗んで肥大化する中国は「20年後は世界で最も貧しい国になる」のか?=鈴木傾城

1 2 3 4 5

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

江守哲の「ニュースの哲人」~日本で報道されない本当の国際情勢と次のシナリオ

[月額864(税込) 毎月 第2金曜日・第4金曜日(年末年始を除く)]
このメールマガジンでは、国際情勢や国内外の政治情勢の「真の背景」を読み解きます。経済は政治で決まり、政治は国の組織が決めます。そして、すべてのことがシナリオに基づいて動いています。しかし、その舞台裏は意外とシンブルです。それらの「真の背景」を理解すれば、すべてが面白いように見えてきます。毎月第2・第4金曜日にお届けするこのメルマガでは、これまで世界各国の人間と仕事をしてきた経験と人脈から、マスコミが報じることができない独自の見解をお届けします。ビジネスマン、投資家、学生など、様々な立場のひとにとって有益な情報となるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい