fbpx

日経63円安 週末の手仕舞い売りに押されるも値持ち良好(4/15)=清水洋介

本日の日経平均終値は、63円安の16,848.03円。小型銘柄もさすがに手仕舞い売りに押されるものが多かったのですが、総じてみると下げ渋り、底堅い展開となりました。(『清水洋介の日々是相場 -夕刊-』清水洋介)

【関連】日経1万5750円~1万7390円で安定するか?「理論株価」最新分析(4/14)=日暮昭

日経平均は63円安の16,848円 急騰後の割には値持ち良く底堅い

日経平均:16,848.03円(-63.02円)
≪東証一部≫
売買高:19億8,537万株
売買代金:2兆0592億6300万円
値上り銘柄数:565銘柄
値下り銘柄数:1,262銘柄
騰落レシオ(25日):104.66%(-10.35%)
為替:1ドル=109.66円

市況概況

週末の手仕舞い売りに押されて冴えない展開

米国株は堅調でしたが、上値が重く、夜間取引で日経平均先物が大きく売られていたことから、売り先行となりました。それでも、外国人売買動向(市場筋推計、外資系5社ベース)が大幅買い越しと伝えられたこともあり、大きく売られて始まった後は、先物主導で下げ幅を縮小となりました。それでも昨日の引け値を意識するところでは上値も重く、下げ渋り感はあるのですが、冴えない展開となりました。

昼の時間帯も特に手掛かりに乏しかったのですが、円安傾向にあることが好感されて下げ幅を縮小。後場が始まるといったん本日の高値をうかがう展開になりました。ただ、上値の重さが確認されると、今度は一転して先物主導で売り直されるという状況。週末の手仕舞い売りもあって、上値も重くなると、先物が売られるというような展開で冴えない動きとなりました。散発的に先物にまとまった売りが出て指数を下押す場面もありましたが、方向感はなく、結局最後は買戻しも入り、底堅い引けとなりました。

日経平均株価 5分足(SBI証券提供)

日経平均株価 5分足(SBI証券提供)

米ドル/円 5分足(SBI証券提供)

米ドル/円 5分足(SBI証券提供)

小型銘柄もさすがに手仕舞い売りに押されるものが多かったのですが、総じてみると下げ渋り、底堅い展開となりました。東証マザーズ指数や日経ジャスダック平均は堅調、二部株指数は小幅安となりました。先物は週末の持高調整とみられるまとまった売り買いに右往左往させられた格好ですが、急騰後の週末ということでヘッジ売りも多く、指数を下押す要因となりました。

急騰後の割には値持ちの良い感じでしたが、さすがに週末の手仕舞い売りに押されました。それでも一気に16,500円~600円水準まで押されるということでもなく、値持ちは良くなりました。週明けからはG20財務相・中央銀行総裁会議での為替施策などに反応しながらということになりそうで、急騰後ということもあり、決算動向などを気にしながらいったん調整となるのではないかと思います。

Next: テクニカル分析 雲上限と75日移動平均線に上値を押さえられる展開

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい