fbpx

「ヒラリー・クリントン大統領」誕生で、尖閣諸島を中国に奪われる日本=不破利晴

ヒラリー・クリントンが親中派のキッシンジャーを外交・軍事の助言役にすると公言したのは衝撃的だ。もしヒラリーがアメリカ大統領になった場合、我々日本にとって実に厄介な状況となる。(『インターネット政党が日本を変える!』不破利晴)

ヒラリー・クリントン&キッシンジャーの親中コンビが招く日本の危機

「キッシンジャーを外交・軍事の助言役にする」の衝撃

3月31日の東京新聞「本音のコラム」は竹田茂夫・法政大教授による『キッシンジャー氏の影』であった。この文中に登場する「クリントン氏」とは、もちろんヒラリー・クリントン女史のことである。

キッシンジャー氏とは何者か。十歳でナチスを逃れ、米国で生来の知能だけを頼りに政治学で頭角を現し、一九七〇年代に政権中枢で世界戦略を担った人物で、一部では大物政治家の扱いだ。だが、そのリアルポリティーク(現実主義的政治)の内実はどうか。独裁政権の支援や大虐殺の黙過などは戦争犯罪であり、犠牲者は三百万人に上るという見方もある。パリ滞在時にチリのクーデターの件で司直に事情聴取を求められた後は、身柄拘束を恐れて欧州や南米へ旅行しないといわれる。最近ではクリントン氏が、渋るオバマ大統領に迫ってリビア空爆に踏み切らせたが、先の見えない内戦と大量の難民につながったという。
出典:東京新聞(2016年3月31日)

いつもとは違った異様なる盛り上がりを見せているアメリカ大統領予備選の最中、ここにきてやおらヘンリー・キッシンジャーが取り上げられるのは実に興味深いことである。

というのも、キッシンジャーといえばなんだか“過去の人”といった印象をもつ向きも多いのかもしれないが、実はこの人物、政界の一線から退いたものの、未だ影響は絶大なのだ。

実はオバマ大統領の側近の中には、この90歳を超える年老いた現実主義的戦略家を毎週訪れる者もいる。

彼らは何も茶飲み話をしているわけではない。具体的な政治の話をそこで日々展開している。あたかもキッシンジャーの元が国際政治の最前線であるかのようだ。

そして衝撃的なのは、ヒラリー・クリントンがキッシンジャーを外交・軍事の助言役にすると公言したことなのである。

Next: キッシンジャーは筋金入りの親中国派、習近平にも多大な影響

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい