fbpx

ブルボンはコカ・コーラになりうるか?消費増税でも買われる「消費独占型企業」を狙え=栫井駿介

2019年10月に消費税が予定通り増税されると、消費者は財布の紐をますます締めるでしょう。そんな時、バリュー株投資家が投資すべきは「消費独占型」企業です。(『バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』栫井駿介)

有料メルマガ『今週のバリュー株投資』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

バフェット流「消費独占型企業」の条件とは?

コカ・コーラは30年で20倍に

2019年10月に消費税が予定通り増税されると、消費者は財布の紐をますます締めるでしょう。その後は、スーパーの売場における優勝劣敗がはっきりしてきます。

バリュー株投資家としては、消費増税にもびくともしない商品を扱っている企業に投資しなければなりません。これは、バフェットの言う「消費独占型」企業に他なりません。

バフェットの成功例として挙げられるのは、コカ・コーラです。バフェットは1980年代後半に買い始め、その後30年で約20倍に成長しています。

【出典】Google

【出典】Google

また、配当の力も強大です。取得金額に対する現在の配当利回りは何と50%にものぼります。これはコカ・コーラが成長とともに増配を続けてきたからに他なりません。まさに「金のなる木」なのです。

【関連】なぜバフェットはコカ・コーラを選んだのか? 優れたビジネスにある3要素とは=栫井駿介

定番商品多数で事業・財務ともに健全

では、日本のコカ・コーラと言えば何でしょうか。そう思って私が注目したのは、お菓子メーカーのブルボン<2208>です。「アルフォート」「プチ」「エリーゼ」など、おなじみのお菓子を提供しています。

株価もPER13倍と割安感があり、目下年初来安値を更新中です。一方で、業績はじわじわ拡大しています。

ブルボン<2208> 月足(SBI証券提供)

ブルボン<2208> 月足(SBI証券提供)

ブルボン業績推移(出典:みんかぶ)

ブルボン業績推移(出典:みんかぶ)

消費増税があったとしても、鉄板商品の需要は底堅いでしょうから、心配はいらないように見えます。財務的にも実質無借金であり、不安要素は特に見当たりません。

Next: 消費は底堅いものの、物足りない要素が…

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい