fbpx

ビットコイン高騰で「詐欺」も増加中、無知な若い子を勧誘する危険な手口=大平

最近、ビットコインの値上がりにつれて、仮想通貨の勧誘が増えてきています。知人女性が実際にあった勧誘を例に、危険性を解説します。(『大平の仮想通貨実践投資メルマガ』大平)

※本記事は有料メルマガ『大平の仮想通貨実践投資メルマガ』2019年7月1日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

実際に儲けるチャンスもあった?金づるにならないように要注意

仮想通貨の勧誘が増加中?

最近、ビットコインの値上がりにつれて、仮想通貨の勧誘が増えてきています。

セミナーで知らないコインを積極的に勧められたり。そういった通貨のほとんどは、運営者側が売り抜ける策を作っているので、インサイダーでない限り儲けるのが難しいと思います。

以前、私の知り合いので、専門学生の女性(20歳)が働いているキャバクラで、アイゼンコインというのを勧められたと言っていました。

彼女から聞いた話では、福岡から営業の人がきて、「最低5倍は値上がりが確定している」「偉い人が作った」とかなんとか言っていたみたいです。

私は馬鹿馬鹿しいからやめたほうがいいと一応止めましたが、10万円くらいを入れたみたいです。

アイゼンコイン、確かに儲けるチャンスもあった?

アイゼンコインを調べてみると、以下となっています。

ICO価格:0.1円から1円
上場後の高値:1.2円(私が調べた中での最高値)
6月7日時点の価格:0.01円

この状況でいうと、もしICO価格の初期の0.1円で買った場合、上場後の1.2円では12倍の値上がりです。

ですが、ほとんどの人はまだ上がると考えて、持っていた人が多いみたいです。

そしてその後、6月7日には0.01円。0.1円で買った人は、10分の1の値下がりです。そしてプレセール1円で買った人は、100分の1の値下がり。安全に終わってますね。

ですが、もし取引が当時可能であった場合には、10倍で売り抜けることが可能でした。

営業の人は羽振りがよさそう?

福岡から来た営業の方は、若いけどブランド物をけっこう身につけていたみたいです。

ICO後の価格高騰で売り抜けて儲けたのか、アイゼンコインを投資させた手数料で買ったのか。メルカリで買った偽物か…。

真意はわかりませんが、実際にインサイダーで簡単に儲けることができる状況でした。

Next: 取引できる状況にあったのか?金づるにならないように要注意

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい