fbpx

米フードデリバリーの雄Grubhubの立場を脅かす、強力なルーキーの存在とは?=シバタナオキ

2021年には、4兆円市場になるとみられるフードデリバリー業界。今回は「DoorDash」を中心に、各社の決算資料を見ながら、最新トレンドを整理したいと思います。(『決算が読めるようになるノート』シバタナオキ)

※本記事は有料メルマガ『決算が読めるようになるノート』2019年7月18日号の抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

これから約4兆円になるといわれるフードデリバリー市場の闘い

Q. アメリカのフードデリバリーで一人勝ちしているのは誰?

A. DoorDashです。ソフトバンク・ビジョン・ファンドの投資先でもあります。

フードデリバリー業界に異変が起こりつつあります。

今日は「DoorDash」を中心に、各社の決算資料を見ながらフードデリバリー業界の最新トレンドを整理したいと思います。

フードデリバリー市場へのVCたちからの熱い視線

初めにこのような記載がありました。

Venture capitalists have poured money into the food delivery space, believing iGrubhubt could still yield a mega-startup along the lines of Uber. From 2015 to 2018, meal-ordering and -delivery companies received $6.7 billion in capital, according to data from PitchBook, a venture-capital research firm. The market for those services is expected to reach $40 billion by 2021.

2015年から2018年の間にフードデリバリー系のスタートアップに対して$6.7B(約6,700億円)もの投資がなされました。

2021年にはフードデリバリー市場は$40B(約4兆円)になると推測されています。

この超巨大なフードデリバリー業界の中で、これまで市場をリードしていたプレイヤーと、今回新たにトッププレイヤーに仲間入りした2社を詳しく見いきたいと思います。

Next: これまでフードデリバリー業界を牽引してきた企業とは?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい