fbpx

株価大暴落はすぐそこ?参院選・消費増税ほかブラックスワンを招く8つの出来事=斎藤満

ここから参院選開票、消費増税ほか株価暴落のリスクを孕んだイベントが目白押しです。今後の「買い場」「売り場」を探るためにチェックしてみましょう。(『マンさんの経済あらかると』斎藤満)

※本記事は有料メルマガ『マンさんの経済あらかると』2019年7月12日の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:斎藤満(さいとうみつる)
1951年、東京生まれ。グローバル・エコノミスト。一橋大学卒業後、三和銀行に入行。資金為替部時代にニューヨークへ赴任、シニアエコノミストとしてワシントンの動き、とくにFRBの金融政策を探る。その後、三和銀行資金為替部チーフエコノミスト、三和証券調査部長、UFJつばさ証券投資調査部長・チーフエコノミスト、東海東京証券チーフエコノミストを経て2014年6月より独立して現職。為替や金利が動く裏で何が起こっているかを分析している。

絶好調の米国経済にも陰りが…世界同時株安のリスクはそこら中に

ブラック・スワンの卵が8個

方向感が出にくくなった株式市場ですが、今後の「買い場」「売り場」を探るためのイベントをチェックしてみましょう。

これまで株の買い場を逃し、「押し目」を待っている人のために、相場が下がりそうなイベントを中心に8つほど考えてみます。

すでに大量保有している方は、逃げるタイミングの材料にしていただければ。

その1:参院選の開票結果

まず目先では7月21日の参議院選挙の投開票があります。

ここまでの調査では共同通信など一部メディアが「与党が改選過半数の勢い」としています。改選議席124の過半数は63議席ですが、自公でこれをクリアするとの予想になっています。

安倍総理は勝敗ラインを53議席まで下げたのに対し、与党内から「それは低すぎる。せめて63議席にすべき」との批判も聞かれます。

市場の期待値が高い中で与党が大きく議席を失うと、市場は不安の売りに出る可能性があります。

自民党内部の調査では決して楽観を許さない結果が出ていると言い、総理周辺では神経質になっています。それが元ハンセン病家族のために国が控訴しないことを「安倍総理が決断」としてメディアに売り込み、韓国への強気姿勢で保守派の支持を固めようとしています。これらは危機感の表れです。

前回の選挙でも秋葉原での応援演説では「安倍帰れ」「安倍辞めろ」の罵声が飛び、今年は事前に安倍総理がどこで応援演説するか隠しています。反安倍キャンペーンを準備させないためのようですが、党首がそれだけ強い反発を買っていて「大勝」できるのでしょうか。

改選の76から63以下に減ると、責任問題が浮上し、政権が揺らいで株売りとなる可能性があります。

その2:米FOMCリスク

そのあと7月末には米国でFOMC(米連邦公開市場委員会)があり、FRBは恐らく0.25%の利下げに出ると見られています。

10日の議会証言で利下げを示唆する発言があり、可能性は低いのですが、万が一パウエル議長が意地を見せてトランプ大統領の利下げ圧力に屈しない立場をとり、利下げを見送れば、長期金利の上昇、株売りが強まります。特に米国株はバブル的な高水準にあるだけに、ショックの売りも大きくなる面があります。

逆に0.5%の利下げがなされたり、0.25%の利下げでも、先行き追加利下げを示唆するような声明文や議長コメントが出ると、株は買われるかもしれませんが、ドルが大きく下落して円高が日本株の売りにつながるリスクが出てきます。

ブラック・スワンとしては議長とトランプの対立(言い換えるとFRBの大株主、国際金融資本とトランプ政権の対立)が前面に出るケースで、債券・株ともに売られ、日本株もつれ安となります。

Next: 4-6月のGDPはマイナスか。消費増税ほか景気後退要因が目白押し

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい