fbpx

米国決算はアナリスト予想より軒並み好調…それでも予防的利下げはできるのか?=持田有紀子

昨日発表された住宅着工件数は、市場の予想を下回った。やっと悪い経済データが出て「予防的利下げ」の正当性を裏付けることができたというわけだったものの…。(『持田有紀子のグローバル投資術~日経先物、FXの投資戦略に最強の味方~』持田有紀子)

※本記事は、『持田有紀子のグローバル投資術~日経先物、FXの投資戦略に最強の味方~』 2019年7月18日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:持田有紀子(もちだゆきこ)
慶応義塾大学法学部政治学科卒。野村証券入社、本社・商品本部で株式トレーダーを経て、女性初の総合職として本店営業部へ。株式オプション課や営業課を経験する。退社後は人事コンサルティングの分野で活動し、行動科学や心理学に基づく人事評価のためのコンピテンシーモデルの開発などに携わる。2005年にアルジャントレード(株)を立ち上げ、海外の先物市場や外国為替取引のノウハウの蓄積を活用した投資情報サービスに関わっている。現在、同社における代表取締役。マネーコンサルタント。

やった!悪い数字…でも米国株は依然として史上最高値付近に

史上最高値を更新したNYダウ、多少の下げで「予防的利下げ」は正当化される?

昨日に発表された住宅着工件数は、市場の予想を下回った。これによって米国株は下がり、ドル金利は低下した。やっと悪い経済データが出たことで、「予防的利下げ」の正当性を裏付けることができたというわけだ。

しかし株価は依然として高水準を維持しており、1日もあれば再び史上最高値を更新するかもしれないところに位置したままなのだ。まだまだ利下げを積極的に繰り返すというには、根拠が薄いのである。

また昨日はネットフリックスやIBM、BOAの決算があったが、いずれもアナリスト予想を上回る利益を発表した。前から疑われていることだが、この企業決算というのは民間の調査会社が勝手に予測しているものだ。

つまり、世の中に注目されるために会社側に都合の良い予想を出しているのではないかということだ。収益や利益などは会社側からの発表したものに頼るしかなく、しかるに予想といっても教科書的なものにならざるをえない。

限られたデータを使っての処理なのだから、誰がやってもほぼ同じ予想になるはずである。それがみな一律に実際の利益よりもちょっとだけ低いEPSを予想として出している。

こうすることによって市場は「予想を上回った」ということで株価が上昇するからだ。だからそういう工作をしてくれる予想会社しか生き残っていないという現実がある。

20年も前にはまともに予想していた会社もあったが、企業側から歓迎されず、順々に姿を消していったのは自然の成り行きかもしれない。

日本時間 12時00分
日経=21120, 円債=153.35, JPY=107.73

続きはご購読ください。初月無料です


※本記事は有料メルマガ『持田有紀子のグローバル投資術~日経先物、FXの投資戦略に最強の味方~』2019年7月18日号の一部抜粋です。日銀会合やFOMCなどの重要イベントを控えた今、平日毎日発行中のメルマガをリアルタイムで受信したい方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】なぜ値上げラッシュを政府は見ないふり?統計上だけ物価を横ばいにする日銀の深い闇=斎藤満

【関連】安倍政権が選択したリフレ政策は間違っていた?なぜ、なかなかインフレにならないのか=吉田繁治

【関連】ミニストップ、193店閉店で経営悪化が止まらない。もう取り返せない4つのしくじり=栫井駿介

image by: jijomathaidesigners / Shutterstock.com

持田有紀子のグローバル投資術~日経先物、FXの投資戦略に最強の味方~』(2019年7月18日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

持田有紀子のグローバル投資術~日経先物、FXの投資戦略に最強の味方~

[月額3,240円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
海外の金融マーケットの動きと本日の作戦。日経先物やFX取引などでその日すぐに役立つトレーディングにおける作戦をはじめ、投資全般のパフォーマンス向上に役立つ情報や今後のマーケットview満載でお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい