fbpx

【展望】マイナス金利祭り早くも終了~少額から買える好業績株を狙い撃つ=山本伸一

円高推移と決算売りで、先週の金融政策好感の買いを早くも打ち消す格好となった日本市場。しかし、決算発表シーズンも2月8日週で一巡。今後は選別物色が進む局面となるだろう。そこで来週は打診売買向きの「少額から買える好業績株」に注目したい。(『プロの視点。今、乗るべき銘柄が見えてくる。』株式評論家・山本伸一)

2月8日週で決算一巡、今後の注目は「少額から買える好業績株」

まずはこの1週間(2月1日週)の相場動向を振り返り

今週(2月1日週)の株式相場は、マイナス金利導入の金融政策を好感した先週末の流れを引き継ぎ、月曜日も買い優勢の展開に。火曜日も利益確定売りをこなす動きを見せていたものの、外部要因悪化とともに水曜日、木曜日と軟調展開、金曜日も売り優勢となるなど、政策好感の流れも一服してきています。

日経平均株価は、先週末の1万7500円台から、月曜日に1万7800円台に乗せたあと、火曜日は1万7700円台を固める動き。ただ、水曜日に再び1万7100円台まで売り直されると、木曜日は大台1万7000円を試す動き。金曜日には1万6800円台と大台割れを余儀なくされました。

日経平均株価チャート 2016年02月05日終値

日経平均株価チャート 2016年02月05日終値

先週は、金融政策睨みの展開から、マイナス金利導入の日銀金融政策が金曜日に伝わると一気に買い進まれるなど、サプライズ感のある金融政策をもとに買い直されました。そのまま海外市場でもマイナス金利導入の金融政策好感の流れが持続。月替わりとなった月曜日も外部要因進展とともに買い優勢の展開に。日経平均株価も昨年12月以来の25日移動平均線奪回を果たしました。

2日火曜日には金融政策好感の流れも一服、円高推移とともに利益確定売りに押されました。ただ、2日火曜日の段階では日経平均株価は25日移動平均線を下値支持として値固めの動きも見て取れました。しかし、原油価格下落による米国株安、1ドル=120円割れの円高推移と外部要因悪化を受けて、3日水曜日は大幅調整。

日経平均株価は25日移動平均線割れ、金融政策の伝わった先週末1月29日レベルまで水準を切り下げてくるなど、戻り売り圧力が働きました。チャート上でも25日ボリンジャーバンド-1σでの下げ渋りはあるものの、25日線も下降が止まらず、パラボリックもSARを下抜けて陰転してきています。

為替相場の円高推移が確認された木曜日も軟調展開。日経平均株価の大台1万7000円攻防が見られましたが、1ドル=116円台後半とさらなる円高推移となった金曜日には1万7000円の大台割れを余儀なくされ下値模索の展開となり、金融政策好感の買いを早くも打ち消す格好となっています。

値動きの激しかった個別銘柄をおさらい

個別銘柄では、1ドル=116円台の円高推移を受けてトヨタ<7203>ソニー<6758>富士重工<7270>の外需関連、三菱UFJFG<8306>三井住友FG<8316>みずほFG<8411>のメガバンクが軟調。日経平均株価構成比率上位のファーストリテイリング<9983>も売られており、株価指数の重しに。

トヨタ<7203> 日足(SBI証券提供)

トヨタ<7203> 日足(SBI証券提供)

ソニー<6758> 日足(SBI証券提供)

ソニー<6758> 日足(SBI証券提供)

富士重工<7270> 日足(SBI証券提供)

富士重工<7270> 日足(SBI証券提供)

決算銘柄では鴻海精密の支援前進期待でシャープ<6753>が活況高となりましたが、日立<6501>が第3四半期決算で増収着地も通期業績予想の下方修正を発表して大幅安。パナソニック<6752>東芝<6502>も決算売りを浴びており、電機機器は苦戦を強いられています。

日立<6501> 日足(SBI証券提供)

日立<6501> 日足(SBI証券提供)

パナソニック<6752> 日足(SBI証券提供)

パナソニック<6752> 日足(SBI証券提供)

東芝<6502> 日足(SBI証券提供)

東芝<6502> 日足(SBI証券提供)

決算に絡んだところでは、伊藤忠商事<8001>の株買い増しでファミリーマート<8028>が高く、同じく決算銘柄のグリー<3632>、古河電工<5801>、ヤマハ<7951>、大陽日酸<4901>、田辺三菱製薬<4508>、ぐるなび<2440>などが買われましたが、決算評価で買われていた小野薬品<4528>や値嵩株の村田製作所<6981>などは指数の下値模索とともに売られました。

新興市場では、インフォテリア<3853>、ブランジスタ<6176>、アークン<3927>、ジェイテック<2479>、デジタルアドバタイジングコンソーシアム<4281>、アイサンテクノロジー<4667>などが物色されています。

Next: 【展望】決算も一段落、来週は好業績銘柄の「選別物色」局面に

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい