fbpx

2016年は世界的景気後退と金融危機の年?著名エコノミスト12人の予想

11月下旬から12月にかけて、欧米の各メディアは2016年の景気動向を占う市場予測を出しました。そのすべてといってもいいのですが、2016年は景気後退、あるいは長引く不況を予想しています。(『カレイドスコープのメルマガ』)

※不許複製・禁無断転載(本記事の著作権はメルマガ著者および当サイトに帰属します。第三者サイト等への違法な転載は固くお断り致します)

2016年から、世界的な景気後退と金融危機が表面化する

異口同音に景気後退と市場の危機について警告するエコノミストたち

以下は、ブルームバーグがよく取り上げている金融の世界の「専門家14人による2016年のスッキリ明快・市場予測」です。

ブルームバーグを取り上げる意味は、この世界的な「経済・金融・マーケット専門メディア」が世界の金融資本の影響を強く受けており、世界の市場を誘導する企業メディア群と連動しているメディアだからです。

ブルームバーグは、明らかに「1パーセント」のグローバリストのためのメディアですから、この14人の専門家(彼らは、金融のプロパガンダと密接な関係を持つ証券会社や、投資銀行のストラティジストたち)のようなマーケティング発想から市場環境のキートレンドを読み解くことが大切です。それが、2016年の大きな流れになっていくかもしれません。

ブルームバーグのこの記事の冒頭には、「トップクラスの金融専門家の何人かは、景気後退と市場の危機について警告している」と書かれています。あのブルームバーグにして、これです。

ここでは14人のうち、歯切れの悪いアラン・パトリコフ(Alan Patricof)と、ジョセフ・ラヴォナ(Marc LaVorgna)の2人を除く12人の予想を取り上げています。

それぞれから出されている警告や投資のヒントには、いちいち解説を加えず原文の粗訳のままにしてあります。太字のスミ文字の箇所は、私が強調したいところです。

(1)「世界不況に注意のこと!」-ルチル・シャルマ

ルチル・シャルマ(Ruchir Sharma)は、「世界の頭脳100人」にも選ばれたという天才的な頭脳を持ったインドの著名な投資家です。現在は、モルガン・スタンレーの新興国投資担当マネージャーを務めています。日本語での著書には、「ブレイクアウト・ネーションズ」があります。

ルチル・シャルマの警告と投資のヒント:

われわれは、今まさに、世界的な景気下降から放たれた大きな衝撃を受けている。そして、次の衝撃は、どう見ても中国から始まりそうだ

中国は、巨額負債の重圧、過度の投資と人口減少が複合的に作用して、経済成長を徐々にむしばんでいる。

一方、東ヨーロッパから南アジアの相対的に負債額の少ない国々は、景気サイクルの次の転換を乗り切っていく上で、良いポジションについていると言える。

(2)「債券は茨の道を目の前にしている」-ダン・ファス

ダン・ファス(Dan Fuss)は、ルーミス・セイルズ社の副会長。そして、200億ドルを取り扱っているルーミス・セイルズ債券ファンドのポートフォリオ・マジャーです。

ダン・ファス警告と投資のヒント:

(マクロの)標準となっている米国の10年もの財務省証券(10年米国債)の利回りは、2016年中に、2.6%から2.8%に上昇するかもしれない

しかし、これは私の予想であって、現在の地政学的な混乱のために、正確な予測を出すのはかなり困難である。

こうした厳しい時代にあって、ポートフォリオに債券を組み込んでいる投資家は、米国債と5年から12年満期の投資適格企業の債券(社債など)を組み合わせることを推奨したい。

ハイ・イールド債(高利回りのリスクの高いジャンク債)は、2016年では最高の成功のチャンスを持っている。

(3)「どの株式を見ればいいのかが重要」-トーマス・リー

トーマス・リー(Thomas J. Lee)は、ファンド・トラスト・グローバル・アドバイザーズ(Fundstrat Global Advisors)のマネージング・パートナーです。

トーマス・リー警告と投資のヒント:

普通株は2016年は良さそうである。特に、銀行と優良企業の株式では良い

連邦準備制度理事会(Fed)の金融引き締め(利上げ)によっては米国の銀行は利益を上げるだろう。また、景気拡大にともなって、銀行は自己資本利益率を押し上げるだろう。

とにかく、優良株を見つけることである。経済が上向くことによって、より強い収益を生み出す能力があるだろう。

Next: (4)「EUは、いまだ最大の問題に直面している」-レベッカ・パターソン

1 2 3 4 5

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい