fbpx

上場来5期連続で増収増益のコメダHD<3543>は、これからも成長し続けられるのか?=栫井駿介

リピーターの確保が難しい飲食店で「台風の目」となるか?

飲食チェーン店は成長しているうちは良いのですが、そのまま伸び続けることは容易ではありません。多くの場合、どこかで頭打ちになり、その後衰退してしまうことが多いからです。

例えば、ペッパーフードサービス<3053>が運営する「いきなりステーキ」は急速に店舗を拡大させましたが、あまりに急ぎすぎたせいか急激に下火になりました。

ペッパーフードサービス<3053> 月足(SBI証券提供)

ペッパーフードサービス<3053> 月足(SBI証券提供)

何が難しいのかと考えると、結局はそれぞれの店舗の質を維持することだと思います。従業員教育はもちろん、店舗が経年劣化で古くなると徐々に客も離れていってしまいます。

また、そうでなくても最初は目新しさでお客さんはやってきますが、話題性がなくなると少しずつ離れていきます。チェーン店に限らず、リピーターの確保が長期的な経営には欠かせないのです。

その点、コメダは地元密着で、土地に根付いた主婦層の需要を取り込めれば手堅い運営ができそうです。出店も急ぎすぎている感じもせず、安定した経営という印象を受けます。

一方で、堅実経営ゆえに急速に伸びるわけではありません。成長率は年数%にとどまります。のれんや借入金も多く、拡大スピードにも限界がありそうです。

直近で株価は下落傾向にありますが、PER17倍とそこまで割安感もありません。外食としては安定性が高い企業だと思うので、安くなったら検討したいと考えます。

コメダHD<3543> 週足(SBI証券提供)

コメダHD<3543> 週足(SBI証券提供)


つばめ投資顧問は、本格的に長期投資に取り組みたいあなたに役立つ情報を発信しています。まずは無料メールマガジンにご登録ください。

※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

image by: pelebong / Shutterstock.com

【関連】学生を売り飛ばすリクナビ「内定辞退率」提供の非道さ。AI悪用事例を作ったリクルートの罪=今市太郎

【関連】7pay大失敗の裏に有能幹部の不可解な左遷? ファミペイと明暗を分けた2つの失策=岩田昭男

【関連】中国、経済崩壊寸前へ。銀行が抱える不良債権がGDPの10%にまで拡大=勝又壽良

1 2

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』(2019年8月9日号)より
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問

[無料 ほぼ 平日刊]
【毎日少し賢くなる投資情報】長期投資の王道であるバリュー株投資家の視点から、ニュースの解説や銘柄分析、投資情報を発信します。<筆者紹介>栫井駿介(かこいしゅんすけ)。東京大学経済学部卒業、海外MBA修了。大手証券会社に勤務した後、つばめ投資顧問を設立。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい