fbpx

イギリスの「危険な賭け」 EU離脱(Brexit)にマーケットはどう反応するか?

英国がEUを離脱するかどうかが大問題になってきました。この6月に英国で国民投票が行われます。これまでは大騒ぎしながらも、最後はEUに留まると高を括っている人が大半でしたが、ここにきて雲行きが少し変わってきました。(「プロが教える投資信託運用術」

イギリスの欧州連合離脱に現実味、6月23日国民投票へ

ジョンソン・ロンドン市長「英国はEUを離脱するべき」

ギリシャ問題は何も終わっていないながらも、とりあえず小康状態が続いていますが、今度は英国がEUを飛び出すかどうかが大問題になってきました。

Brexit(ブレキジット)」とは、英国(Great Britain)が、欧州連合(EU)から離脱する(Exit)ことを表現した造語です。

いよいよこの6月に英国で選挙が行われます。これまでは大騒ぎしながらも、最後はEUに留まると高を括っている人が大半(筆者もその一人)でした。

しかし、ここにきて、雲行きが少し変わってきました。

EU残留派のキャメロン首相の盟友、ジョンソン・ロンドン市長が、「離脱するべき」と意見表明したからです。

また、混迷化した要因の一つが中東からの難民受け入れ問題のため、人々の感情は、なおさら複雑といえます。

結果予想は、非常に難しいですが、仮に離脱が支持された場合には、金融街シティーに本社や欧州の拠点を置く巨大金融機関に混乱が起きるかもしれません。

英国とドイツ、フランスなどという言い方をしますが、こと金融という分野に限っては、ロンドンと、フランクフルトやパリなどとの機能は比較にもならないからです。

ただ、為替レートに関しては、ポンド安になったとしても、あまり影響は大きくないと思われます。ポンドという通貨は、固定相場時代に、切り下げにつぐ切り下げを繰り返したという歴史から、現在では、あまり貿易決済には使われていません。

ポンドは米ドルとほぼ1対1になりかけた80年代から立ち直り、リーマンショック直前の1ポンド =2米ドルの時代を経て、今の1ポンド=1.4米ドルぐらいの状態になっています。

従って、仮に1ポンドが1.3米ドルくらいの「ポンド安米ドル高」になったからといって、大騒ぎするようなことではないのです。

とはいえ、ビジネスの世界では、そうはいきません。金融はもちろん、英国に欧州の拠点を持つ製造業が沢山あります。その逆の、大陸から英国への物の出入りも沢山あります。

またポンドはともかく、ユーロがどれくらい下落するかは重要な問題です。欧州経済の行方を見る意味でも6月23日の英国の投票は、注意深く見守りたいと思います。

Next: 「リーマンショックの亡霊」に怯える市場~乱高下はいつまで続く?

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい