fbpx

若さは資産。「整形に50万円」が自己投資として大成功なワケ=垣屋美智子

「整形費用50万円は自己投資としてアリ?」「自分が勤める会社の株を買うのは投資としてどう?」など、お金の悩みに資産運用アドバイザーがズバリ答えます。(『垣屋美智子の「キイトク」』垣屋美智子)

※本記事は有料メルマガ『垣屋美智子の「キイトク」』2019年11月4日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:垣屋美智子(かきや みちこ)
日本生まれ香港育ち。香港で高校を卒業したのち、単身渡米、University of California, Berkeley卒業。株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(現ソニー・インタラクティブエンタテインメント)でPSP、PS3のビジネスディベロップメントを担当。2006年から2016年まで外資系証券会社、外資系運用会社にて株式アナリストとして、テクノロジー企業の業界調査や業績分析に従事。現在はスタートアップ企業の財務・経営支援をする他、事業分析力と会計知識を生かし、「誰でも今すぐできる」をテーマにマネー、ライフ、キャリアについて執筆、講演活動も行なっている。主に著書に『使えば増える! お金の法則 ―ワクワクしながら資産づくり』(時事通信社)など。

お金の疑問に『使えば増える!お金の法則』著者がズバリ回答

読者さんからの質問「整形に50万円かけようと思いますが、どう思いますか?」

ご質問ありがとうございます。この質問がきたのはタイムリーですね。

最近、周囲がにわかに整形ブームでして、知り合いが整形したり、整形事業を始めようとする女性起業家をサポートしていたりします。

友人でもある金融関連事業経営の社長は、二重まぶたの整形は20分の施術で30万円をとるので、これをベンチマークに事業をやっているとのことでした。

話はそれましたが、はい、整形に50万円、自己投資としてやりたいなら良いと思います。安全性だけ確認ください。

美しさ・若々しさは「資産」

もはや整形はアンチエイジングです。

昔のように二重にするとか鼻を高くするとか、本来の自分でないものに変えるのではなく、5歳外見を若返らせるくらいの話です。

そんなのもったいないと言う人はいると思いますが、トランプ大統領しかり、健康や美容にお金をかける時代ですからね。若々しさも資産と言えるでしょう。

お金をどんな資産に変えるか。それを決めるのは自分

何にお金を使い、どうやって資産に変えるか、それを決めるのはあなた次第です。

綺麗になりたいと思っているあなたがやりたいと思うのですから、きっと人生が変わるのではないでしょうか。

整形ではないですが、私も昨年末にレーシック手術で50万円ほどかけました。普通に良い投資だったと思っております。

子供の頃には歯列矯正もしました。これも100万円ほどかかっているはずです。大口で笑う時に「歯並び綺麗」と言われるので良いです。

また、5年くらい前に顔の小さなホクロをすべて取りました。「別に気にならないから必要ないんじゃない?」と母からは言われましたが、私が取りたかったので、取って満足しています

その満足度を見てなのか、最近、私の母は自分の顔にある大きなホクロを取っていました(笑)。

Next: 自分が働いている会社の「株」、買うのは投資としてアリ?ナシ?

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい