fbpx

結婚できないおじさんに共通する「相手が変わるべき」という負の態度=午堂登紀雄

内向型人間の生存戦略として、「結婚」には多くのメリットがあります。社会から隔絶され、絶望して自暴自棄になるリスクを考えれば、さっさと結婚してしまった方が気楽というものです。(『午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門』午堂登紀雄)

※本記事は有料メルマガ『午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門』2019年8月26日号を一部抜粋したものです。興味を持たれた方は、ぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:午堂登紀雄(ごどう ときお)
米国公認会計士(CPA)。1971年生まれ、岡山県出身。中央大学経済学部 国際経済学科卒。株式会社エディビジョン代表取締役。一般社団法人 事業創造支援機構代表理事。

「子供部屋おじさん」化する前に。内向型人間こそ結婚すべきワケ

「引っ込み思案シングル」の怖さ

引っ込み思案な人は、当然ながら異性に声をかけるのも苦手です。だからどうしても恋愛経験が乏しく、それがさらに「自信がない」という精神状態を助長し、ますます異性に近寄れなくなります。

異性に限らずそもそも人と関わるのが苦痛ですから、引きこもりの可能性が高いのもこうした内向的な人です。

しかしそうやって人との交流を避けていると、コミュニケーション能力が下がり他人との摩擦が怖くなり、ますます人間関係の問題に自ら対処できる能力を失ってしまうリスクがあります。

それが昨今社会問題になっている「8050問題」です。

8050とは80代の親が引きこもり状態にある50代の子供を養っていることを示しているのですが、特にひきこもりの長期化で親子共々が高齢化し、社会から孤立・生活に困窮している世帯が増えているのです。

何十年も引きこもったまま、親が高齢になり自分も年を取って、家ごと社会から断絶されると、もはや社会復帰の可能性はゼロ

その人そのものが社会から存在しないことになってしまい、親の死後は生きていけないリスクも高い。

ではこれの何が問題かというと、生活保護世帯の増加につながるだけではなく、絶望して殺人事件にまで発展するケースが出ることです。

私自身、もし結婚していなかったら、一人暮らしシングルとして完全に引きこもり、社会から隔絶された生活をしていたと思います。

そして誰とも交流せず数十年、そして最後を迎えるまで一人のままという状態を想像すると、恐ろしくなります。

これがもし、私が社交的な人間であれば、たくさんの友達を作ったり高齢者のサークルに入ったりして、それなりに楽しいシングルライフ、そして楽しい老後を過ごせるかもしれません。

しかしそうではないからこそ、誰かがそばにいてくれたほうがいい。

そのため、大きなお世話だとわかっているのですが、人見知りで内向的な人間こそ、結婚して家庭を持った方が安心だというのが私個人の考えです。

結婚は孤独と寂しさへの防波堤となる

結婚のメリットはたくさんあります。たとえば配偶者や子供など、家族に対して人見知りすることはないでしょうから、素の自分を出すことができます。

自分が内向的で暗くても、友達がまったいなくても、家族がいれば寂しさへの防波堤となりますし、会話能力も維持できるしょう。

配偶者は自分の性格を知っていて結婚しているわけですから、よき理解者であり協力者である場合がほとんどです。

ならば他人との人間関係で嫌なことがあっても、家族という後ろ盾がいれば心強いものです。

また、子どもが生まれれば子育てに追われるため、付き合いが悪くても問題ありません

周囲もそれを理解してくれますから、職場の飲み会などすべて断ればよい。

老後のことを考えても、内向的な人はどうしても孤独な引きこもりになりがちですが、家族がいればそれでも問題ないですし、身体がいうことをきかなくなった時でも支えあっていけるという安心感があります。仮に老人ホームに入っても、子どもや孫たちが遊びに来てくれる期待もあります。

では、もし一生独身だったら?

一人で気楽という側面がある一方、たとえば風邪をひいて寝込んだときには誰もケアしてくれず、仕事などで行き詰ったときに悩みを共有できる人がいないといった、一人であるがゆえのむなしさや寂しさを感じることもあるでしょう。

内向型ゆえに友達も相談できる人もおらず、相談する勇気もないですから、よほどの高年収ならともかく、絶望を感じやすい場面が増えるリスクがあります。

そして老後を迎えて両親はすでに他界し、兄弟とも疎遠になり、いよいよ自分にも介護が必要になったとき。自分で要介護認定や介護保険の手続きをし、老人ホームを探して入居の申し込みをして、仮に入所できてもそこでもやはり孤立し、遊びに来てくれる人もいない……。

それに、結婚してしまえばデートや恋愛といったことに気力や体力を使う必要がありませんから、余計なことを考えず全力で仕事に打ち込むことができます。

これがまだ独身であれば、気になる異性を探し、思いやりのあるメールの文面を考え、気の利いたレストランを探し、何度かデートを重ね、時にはケンカや駆け引きをしたり、手をつないだりキスするタイミングを計ったり、それなりに時間もお金も精神力も費やされます。もし別れてしまったらまたゼロスタートで、同じプロセスを繰り返さなければなりません。

これは面倒くさい!特に内向的な人にとっては、ただでさえ異性と出会うだけでも大変なのに、こんなことを繰り返すのは苦痛でしょう。

ならばさっさと結婚してしまった方が気楽というものです。

Next: 結婚を苦痛に感じるのは、自己愛の強さとプライドの高さのせい

1 2 3 4 5 6

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい