fbpx

誰もトランプ再選を止められない。大統領の弾劾裁判が「茶番」に終わる可能性=江守哲

何時間も「自撮り撮影」に応じ、これまで支持者と納まった写真は5万を超えるという民主党のエリザベス・ウォーレン候補。トランプの再選を阻む刺客となるでしょうか?(江守哲の「ニュースの哲人」〜日本で報道されない本当の国際情勢と次のシナリオ

本記事は『江守哲の「ニュースの哲人」〜日本で報道されない本当の国際情勢と次のシナリオ』2019年10月11日号の一部抜粋です。全文にご興味をお持ちの方はぜひこの機会に、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:江守哲(えもり てつ)
エモリキャピタルマネジメント株式会社代表取締役。慶應義塾大学商学部卒業。住友商事、英国住友商事(ロンドン駐在)、外資系企業、三井物産子会社、投資顧問などを経て会社設立。「日本で最初のコモディティ・ストラテジスト」。商社・外資系企業時代は30カ国を訪問し、ビジネスを展開。投資顧問でヘッジファンド運用を行ったあと、会社設立。現在は株式・為替・コモディティにて資金運用を行う一方、メルマガを通じた投資情報・運用戦略の発信、セミナー講師、テレビ出演、各種寄稿などを行っている。

トランプ vs“自撮りの女王”ウォーレン候補、選挙戦のゆくえは?

ウォーレン候補、「富裕税」と自撮りで人気化

2020年の米大統領選に向けた動きが徐々に活発化しています。

共和党候補はトランプ大統領で決まりでしょうが、民主党はすでに報じられているように、候補者が乱立状態です。その中でも、徐々に候補者が絞られてきているようです。

政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス(RCP)」によると、民主党候補者指名争いでは、左派のウォーレン上院議員(70)が8日にとうとう支持率で首位に立ちました。支持基盤のリベラル層だけでなく穏健層にも浸透し始めているようです。これにより、これまで一貫してトップだったバイデン前副大統領(76)が逆転されたことになります。

RCPは、ウォーレン氏は10月に入って発表された5つの調査のうち、4つでバイデン氏を上回ったといいます。支持率平均はバイデン氏を0.2ポイント上回る26.6%となりました。

ウォーレン氏は、富裕層の資産に一律課税する「富裕税」など大胆な政策が評価され、春先までひと桁だった支持率を順調に伸ばしてきました。さらに、現在の勢いに貢献しているとみられるのが親しみやすさの演出のようです。

演説が終わると、長いときで4時間も自撮り撮影に応じるなど、気さくな面を見せているといいます。その結果、これまで支持者と納まった写真は5万を超えるといいます。これはすごいですね。

リベラルと保守の両陣営から高い支持率

一方、バイデン氏は2週間前から支持率を4ポイント減らしています。トランプ大統領が攻撃する副大統領時代のウクライナをめぐる疑惑が影響したとみられています。

8日発表されたキニピアック大調査によると、ウォーレン氏は、民主党支持者のうち「かなりリベラル」と答えた層で、26%のサンダース上院議員(78)を上回る38%の支持を獲得しました。一方、「穏健・保守」と答えた層でもバイデン氏の35%に次ぐ22%の支持を得ました。

選挙サイト「ファイブサーティーエイト」は、「ウォーレンの魅力は、彼女のイデオロギー的基盤を超えて広がっている」と指摘しています。

大統領選挙が近づくと、選挙ビジネスも活発化してくるでしょう。様々な専門家と呼ばれる方がメディアでいろんなことを言い始めます。

今後は、選挙戦のネタ探しにみな躍起になるでしょう。その中で、やはり注目されるのが、トランプ大統領の弾劾バイデン氏の疑惑です。

Next: トランプ大統領とバイデン候補の「泥仕合」は結局どうなる?

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい