fbpx

韓国、失業率が1%も改善? 実態は大半が高齢者の政府雇用、若者はむしろ悪化へ

韓国の8月失業率は3%となり、前年同月比で1%も改善した。しかしその内訳を見ると、増加した雇用の86%が高齢者で、政府が雇ったものだった。つまり政府ドーピングだ。(『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』)

※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2019年10月6日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

税金で無理やり雇用を水増しし、予算が足りなくなったら増税へ…

貿易・投資・雇用から韓国経済全体が透けて見える

今回の韓国経済メルマガでは、8月の雇用状況について見ていく。

韓国経済を見るうえで大事なのは、貿易・投資・雇用の3つだ。これら3つの数値から、韓国の経済状況が正確に読み取れる。

ただ、いくつか問題がある。

まず、そのデータが改竄されてないことが大条件だ。しかし、ここを疑うと経済分析も何もできないので、参考数値としては利用している。

あとは数値上昇の主体が、政府なのか、民間なのかも重要だ。税金を投入して政府が製品を購入したり、雇用をいくら増やしたりしたところで、民間投資まで続かないのであれば一時的なものにすぎない。その資金がなくなれば元に戻ってしまうからだ。

8月だけで40万以上の雇用増?

さて、今回の話題は失業率なので、「雇用」がテーマとなる。もっとも、タイトルに書いたとおりなのだが…。

韓国の8月の失業率は3%となり、前年同月比と比べて1%改善した。8月の失業者数は85万8,000人で、前年同月比27万5,000人も減少したという。

しかも、8月の就業者数は2,735万8,000人で、前年同月から45万2,000人も増えた。なんと8月だけで40万人以上の雇用である。

確かにこの数値だけ見れば、韓国の雇用は劇的に改善したといえる。そして、参考にした聯合ニュースでは、この数値の紹介で終わっている。

だが、雇用で重要なのは、量より「質」である。

Next: 増加した雇用の86%が高齢者。政府ドーピングによる見せかけの成果だ

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい