fbpx

文在寅氏、ついにGSOMIA継続「拒否」を明言。あと数日で韓国の自殺点が決まる

ここに来て韓国の文在寅大統領は、米国高官との会談の席でGSOMIA破棄の撤回をきっぱりと「拒否」した。これは実は初めてのことで、破棄は不可避となった。(『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』)

※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2019年11月17日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

破棄まで残り数日。韓国はいつでも「最悪」の選択肢を選んできた

文在寅大統領がきっぱりと撤回を「拒否」

今回のメルマガは予定を変更して、11月22日(23日午前0時)に終了となる「GSOMIA」について特集する。

先週末に大きな動きがあった。それは韓国の文在寅大統領が、エスパー米国防長官の前で、GSOMIAの破棄撤回や延長について、自ら「拒否」したのだ。

これは実は初めてのこと。今まで韓国の高官は、米国の撤回要請に対して、わりと言葉を濁して誤魔化していた。それを韓国の大統領がはっきりと拒否したのだ。

国のトップが拒否したので、さすがに11月22日までに覆るとは思えない

中央日報の社説などを読むと、GSOMIAは延長すべきとか、「斧で自分の足を切る」などと表現しているが、韓国政府は聞き入れないだろう。
※参考:【社説】斧で自分の足を切る「GSOMIA敗着」- 朝鮮日報(2019年11月16日配信)

ひたすら「日本側が輸出管理の見直しを撤回しないなら、GSOMIA破棄も撤回しない」と交渉のカードにしようとしているが、別次元の問題を一緒にされても困惑するだけである。

日本には、その要求に応じる理由がまったくない。

米国に助けを求める浅はかさ

また、文在寅大統領が「米国政府も(日本が考えを見直すよう)役割を果たしてほしい」と述べていたが、これはおかしい

なぜなら、米国がそのようなアクションを起こせば、韓国に道具扱いされたことになってしまう。だから、せいぜい米国は「両国で話し合え」としか言わないのだ。

米国は韓国の道具ではない。もちろん、日本の道具でもない。

そもそも、「米国から日本を説得してもらおう」と考える時点で舐めている。これについて米国がどうにかしろとか、韓国は一体、何様のつもりなのだろうか。

Next: GSOMIA破棄は韓国の自殺点? トランプが韓国に巨額の防衛費を要求へ

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい