fbpx

第2の矢「機動的な財政出動」が次の動意を生むか?中間反騰の天井は=山崎和邦

(7)NYダウは昨年5月大天井で終わっていると言う見方は継続する

NYダウは年末以来の高水準になってきた。終値で200日線を突破してきた。が、NYダウは昨年5月の18,300ドルを以て大天井と本稿では見なしてきたが、その見方は継続する。

NYダウの月足は12ヶ月、24ヶ月線がデッドクロスした。典型的な明確な天井シグナルだ。ただしNYダウは30銘柄であり、SP500とナスダック指数は12ヶ月線と24ヶ月線はDCしていないので、確たる罫線ではない。

しかし、長年の日柄(大相場の年数)から見て大天井と見る。

図4 Nダウは5年~6年の上昇サイクル

図4 Nダウは5年~6年の上昇サイクル

図5 ダウは昨年以降の上値の節目水準に

図5 ダウは昨年以降の上値の節目水準に

図6 NYダウの季節性

図6 NYダウの季節性

日経平均は3月2日(水)に25日線を突破してきた。2014年以降、騰落レシオは100%を回復したところから日経平均は一段高している。2014年以降は6回ある。相場に勢いがついたことだ。

最短でも1~2ヶ月。平均上昇率は8%。2月末には騰落レシオが100%を回復した。

機械的に過去の例を当てはめれば8%上昇なら2月26日の16188円から17483円。前回2015年1月以降、その前2014年10月以降、その前は2014年5月からの立ち上がりからの場面がそれに近い。既報で述べた気もするが念ため。

Next: (8)原油相場 どこまで戻せるか

1 2 3 4 5 6

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい