fbpx

イエレンFRB議長が年2回の追加利上げを行うのはいつか?=児島康孝

FRBのイエレン議長は年2回の追加利上げを行う見通しですが、今後どのようなシナリオが考えられるでしょうか?FOMCの開催サイクルや大統領選のスケジュールを踏まえると、考えられるパターンは限られてきます。(『ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!』児島康孝)

イエレンFRB議長の定例記者会見は3月・6月・9月・12月

FOMC(連邦公開市場委員会)の開催サイクル

アメリカの利上げを検討するFOMC会合は、3月がすでに終了。今年はあと、4月・6月・7月・9月・11月・12月に開催されます。

なんだ、これだけあって、2回の利上げは簡単じゃないか、と思われそうですが…これが、結構難しいのです。

まず、大統領選挙との関連。

片方の政党にとって有利・不利にならないよう、大統領選挙が近づくと、FRBは静観するのが慣習です。2016年アメリカ大統領選挙は、11月8日の予定です。

おそらく、グリーンスパン氏だったら、3月・4月・6月のうちで2回利上げし、あとは静観するでしょう。

イエレン議長は、3月を見送りましたので、これでいけば、4月と6月に連続して利上げすることになります。

あとは、ちょっと常識的ではないですが、残り1回を大統領選挙後の12月とするパターン。しかし、この場合、一体いつ利上げするんだ?と、マーケットが混乱することは必至。マーケットは、不透明感を嫌いますから、これは避けた方が良いパターンです。

イエレンFRB議長の定例記者会見予定は

あと、FOMC会合は、イエレンFRB議長の記者会見が定例で予定されているものと、予定されていないものがあります。

つまり、3月・6月・9月・12月は、記者会見付き。普通、余裕がある場合は、記者会見付きの会合で、利上げや利下げを行います。

ただ、これは縛られているわけではなく、4月や7月に利上げしても、問題はありません。

Next: アメリカは国内優先、ドル高はご法度の時期/メインシナリオは?

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい