fbpx

2020年最新版:知らなきゃ損するキャッシュレス「ポイント二重取り」講座=岩田昭男

2019年にもっとも輝いたメルマガを決める「まぐまぐ大賞」が遂に発表!そこで今回は、受賞メルマガ全171誌の中から、特に多くの支持を集めたメルマガの気になる中身を無料でご紹介します。

日本の買い物は「ポイントありき」

キャッシュレス促進のための「ポイント還元事業」も3ヶ月が過ぎようとしています。当初仕組みが複雑すぎるとか、5%還元の可能な店が足りないとか散々言われましたが、最近は「同じ買い物をするならポイントを貯めて得したい」と言う人が増えたせいか、コンビニでは電子マネーやQRコード決済を使う人が増加しているようです。

コンビニで現金を使うと正規の値段を取られますが、キャッシュレスなら2%のポイント分が即割になるのでお得です。しかも、割引きになった値段がレシートに数字として印字されますから、得した実感もあります。

やはり日本人はポイント好きと言うことでしょう。私達のDNAに1円でも多く貯めて「得したい」と言う強烈な潜在意識が刻まれているように思えてなりません。

実は簡単!ポイントの二重取り、三重取り

しかし、ポイント好きといっても、そのポイントの使い方を知らずにぼんやり使っていると、いつまでたってもたまりません。

一方で高い還元率のカードを狙ったり、二重取り、三重取りのテクニックを駆使すれば、あっという間に100ポイント、1,000ポイントが貯まって豊かな生活を送ることもできます。

特に見逃せないのは、キャッシュレスの中心のクレジットカードにポイントカードや電子マネーをうまく組み合わせることで、簡単に二重取りができることです。それについてこれから紹介していきますが、その前に少しポイントの基礎をお伝えしましょう。

まず還元率から説明していきましょう。ポイントでは常に還元率という言葉が出てきます。還元率が高いと得をするとか、低いと損をするとか言われます。この還元率とは何かというと、例えば5%の還元率があるという場合は100円の買い物をして5円のおまけがつくということです。たった5円しかたまらんのかい?と言う人がありますが、塵も積もれば山です。毎日その店でせっせと買い物をすれば、100円はもちろん1,000円も10,000円もおまけでついてくることもあり得ます。バカにはできません。

そのおまけ分はカード会社が負担しますが、クレジットカードの場合は、一般的に還元率0.5%が基準で、1%以上あれば高還元率カードとしてちやほやされます(カード会社が奮発したなぁということになります)。例えば、リクルートカードは還元率が1.2%つきますからこれはかなりお得なカードといえるでしょう――

image by:TZIDO SUN

達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場』(2020年1月1日号)より一部抜粋

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場

[月額880円(税込) 毎月1日・15日配信]
世の中すっかりカード社会になりましたが、知っているようで知らないのがクレジットカードの世界。とくにゴールドカードやプラチナカードなどの情報はベールに包まれたままですから、なかなかリーチできません。また、最近は電子マネーや共通ポイントも勢いがあり、それらが複雑に絡み合いますから、こちらの知識も必要になってきました。私は30年にわたってクレジットカードの動向をウォッチしてきました。その体験と知識を総動員して、このメルマガで読者の疑問、質問に答えていこうと思います。ポイントの三重取り、プラチナカード入会の近道、いま一番旬のカードを教えて、などカードに関する疑問にできるだけお答えします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー