fbpx

副業しないと貧困へ。日本型雇用の終焉でむしろ急成長する4分野12企業とは=矢野恵太

成長企業その3:複業する個人をサポートする企業

厚生労働省労働基準局提出資料『副業・兼業の現状① 所得別の副業比率(PDFファイル)』によると、年収1000万円以上の層の平均副業率が6.4%(平成29年調査)なのに対して、18年のサラリーマンの平均年収(441万円)の層では、2.1%(平成29年調査)で3分の1程度にとどまるなど、複業機会は高スキルを持った人材が有利となる可能性が高いだけに、今後は平均的なサラリーマン層によるスキルアップ需要が高まることになりそうです。

・ランサーズ<4484>

ランサーズ<4484> 日足(SBI証券提供)

ランサーズ<4484> 日足(SBI証券提供)

フリーランス・副業希望者向けに、様々な職種のスキルアップ&稼ぐノウハウの講座を用意しており、新インフラ「Freelance Basics」を展開しております。

・TAC<4319>

TAC<4319> 日足(SBI証券提供)

TAC<4319> 日足(SBI証券提供)

資格取得の専門学校「資格の学校TAC」を中心に、ITエンジニア向けのパソコンスクールなども展開。

・ユナイテッド<2497>

ユナイテッド<2497> 日足(SBI証券提供)

ユナイテッド<2497> 日足(SBI証券提供)

傘下のキラメックスが、プログラミングやアプリ開発を学べるオンラインスクールTechAcademy(テックアカデミー)」を運営。人材不足といわれるAI分野では、AIの構築に必要な機械学習・ディープラーニングを習得できる「AIコース」も展開しております。

Next: 見逃せない「複業で社員を送り出す・受け入れる企業」4社は?

1 2 3 4 5
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー