fbpx

いきなり!ステーキ社長、怪文書更新。今度は同業他社へのマウンティングで批判殺到

1ヶ月ほど前、本メディアでは何様?「いきなり!ステーキ」社長、客と従業員への横柄さ災いし大量閉店で、ステーキチェーン「いきなり!ステーキ」を運営するペッパーフードサービスの社長、一瀬邦夫氏の自筆メッセージが「上から目線の怪文書である」と批判を浴びていることをお伝えしたが、この“怪文書”が更新されたことがネット上で話題になっている。

しかも今回は、「当店原価率は50%以上、他店では30%~40%であろうと推察します」「当店で厚切りステーキ文化の定着に貢献できた理由は高原価を覚悟したからであろうと思っています」などと、他社と比較しながら自社の優位性を主張する“マウンティング”とも取れる内容になっている。

●2月に張り出された「一瀬(社長)より皆様へ」のメッセージ
一瀬(社長)より皆様へ
いきなりステーキはお得です
・いきなりステーキは高級牛肉量り売りが原点です
・ステーキを低価格、薄利多売、安くて美味しいを実現しました
・行列ができる新業態として全国へステーキを気軽にの食文化発信
・同業店様が当店の売り方の創造を大いに参考にしていただき光栄です
・新興のステーキ店が続々と開店した事でステーキが益々気軽に食べられます
・当店では圧倒的に原価をかけてます
・薄利多売によりお客様が大勢来店される事で成り立つようになってます
・当店原価率は50%以上、他店では30%~40%であろうと推察します
・当店で厚切りステーキ文化の定着に貢献できた理由は高原価を覚悟したからであろうと思っています
・ウルグアイステーキフェアー 200g 1200円です
・全国をエリア別に、多種多様なフェアー企画をローテーションで実施。新鮮なアピールを積極的に進めます
・いきなりステーキの復活を果し、未開の地への展開を熱望してます 健康増進 老若男女の皆様にも愛される店にします

「いきなりステーキはお得です」と“いきなり”始まるこの文書を、わざわざ店先に張り出し、客に示す理由は何だろう。

自社が「低価格、薄利多売で安くて美味しいを実現した」こと、「同業店に参考にされる売り方を打ち立てた」こと、「市民がステーキを気軽に食べられる文化を確立した」ことを面前に出し、「自社こそがパイオニアである」という“自慢”を示したいのだろうか。

それとも自社が同業他社と比べて原価をかけていることを示し、「自社が一番安くてうまいのだ」ということをアピールして客足を向かわせたいのだろうか。

いずれにしても、同業他社にとってマウントを取るような内容である。また客目線で見ても12箇条もあるメッセージは、店先に掲示されてまで知っておかなければならないものではない。むしろ「企業努力で安くて美味しいステーキを食べさせてやっている」という押し付けがましさすら感じられる。

Next: 12月から毎月発行されてきた「怪文書」の内容全文

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー