fbpx

小池都知事、任期満了まで持たない?パフォーマンスオンリー政治は短命に終わる=山崎和邦

小池都知事の再選は株式市場にはまったく影響がないが、任期満了まで持たない可能性がある。直近のニュースや政治動向と合わせて解説したい。(「週報『投機の流儀』」山崎和邦)

※本記事は有料メルマガ『山崎和邦 週報『投機の流儀』』2020年7月19日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

今年の9月〜10月に衆院解散実施か

8月に内閣改造を行い、8月24日に訪れる首相在任期間新記録の達成を見届けて、9月召集の臨時国会の冒頭かその直後に解散断行を仕組む可能性がある(シオタウシオ、週刊東洋経済誌7月18日号)。

安倍首相は耳学問だけに立脚した最低限の知性と情報収集と官僚機構を活用する調整型政治家が「安倍の地」である。

異常時の首相の適任者ではない。異常時の首相には決断力・発信力・牽引力を備えた異常人でなければならない。その点ではトランプの方が異常人だ。

安倍首相の本質は異常時のリーダーではなく、平常時型のリーダーだと言って良い。民意の結託をテコに0を1にして立ち上がるのではなく、周辺の声を調整しながら様子を見て動くタイプである。

任期切れまでの1年2ヶ月間の政権運営に臨む決心を固めているだろうが、安倍首相には改憲志向のように理念派の一面もあるが、本質は耳学問による情報収集力と官僚機構を利用する調整型政治家である。こういうタイプは危機に弱い。

「コロナ第1波は日本勝利」の謎

確かに感染者数と死者数は欧米諸国に比べて日本は圧倒的に少ない。

これは国民皆保険制度による医療のアクセスが良い・地方でも医療レベルが高い・公衆衛生水準が高い・生活慣習や文化が違うなどなどの理由からであり、麻生副総理が言ったから信憑性に欠けるように見えるが、実際のところは民度の高さと生活習慣の違いがあったと思う。

一方、運が良かっただけではないかという説もある(神戸大学岩田健太郎教授)。

日本に来たウィルスと欧米のそれとは毒性が違ったのではないかという仮説である。つまり運だ。ヒトの細胞内に侵入したウィルスが細胞の気孔を使って自らのゲノム情報をコピーして増殖していく際に起こるウィルスの突然変異によって日本の分だけ毒性が変わったのではないかという仮説である。

あまり味わいの良い仮説ではない。民度が高いと思いたい。また事実、生活習慣や行動監修が欧米とは全く違うことは事実である。

コロナ禍そのものはたいした問題ではないがそれの及ぼす影響の方が大きい

コロナ禍は反グローバル化を加速させる。

外に敵をつくって叩くポピュリスト政治家がコロナを敵として誕生する。敵はコロナだからだ。典型が「小池百合子」である。

米中対立の激化。アメリカ人のほとんどはコロナのパンデミックは中国武漢における初期政策が間違っていたからだと信じているし、トランプはそう叫んで選挙運動にしている。

独自の道を行こうとした北欧諸国(スウェーデンなど)には政治の分断は起きず経済も好調。

米中対立の狭間で各国は自国の国益のみを追求するようになろう。

Next: 現在の日経平均が大天井から1割下でとどまっているのは、もちろん日銀に――

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー