fbpx

セブン&アイ、米コンビニ2兆円買収は鬼門?併設のガソリンスタンド経営で苦境へ=児島康孝

ガソリンスタンド経営に追われる?

店舗数が今後も増えていきますと、ますます、そのような「スタンド色」が強まってくる可能性があります。

現在のアメリカのコンビニのシェアが細かく分かれているのも、もしかしますと、ガソリンスタンドの経営が難しくて、そのようになってきたのかもしれませんね。

ということで、今回の買収の完了後には、セブン&アイ・ホールディングスは、ガソリンスタンドの経営に追われるようになるでしょう。

有料メルマガ好評配信中!初月無料です


有料メルマガ『「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」連動メルマガ』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】レジ袋有料化、経済危機に追い打ち。客にコストを押し付け、店の効率を阻害=斎藤満

【関連】GoToの次は「旅行先で働け」。安倍政権の迷走止まらず、経済崩壊は時間の問題か=今市太郎

【関連】コロナ禍にあえてインド進出を果たしたココイチ、日本式カレーに勝算は?

image by:Ned Snowman / Shutterstock.com
1 2 3

ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!』(2020年8月3日号)より抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

『ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!』連動メルマガ

[月額330円(税込) 毎週金曜日]
日本に影響を与えてきた欧米勢の勢力図が変化し、国際情勢も激変の時期を迎えています。トランプ政権の前の欧米勢力は、日本の1990年のバブル崩壊以降、日本の衰退を狙ってきました。超長期の経済サイクルである、コンドラチェフ・サイクルが、戦後最悪の大底でもあったことから、日本経済はデフレに陥り、低迷したままであったのです。ところが、トランプ政権の誕生以降、欧米勢の勢力は変化し、日本の今後も、大きく変わろうとしています。このメルマガでは、有料読者に限定して、ちょっと書きにくい話にも踏み込んで、欧米勢の動きをお伝えします。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー